MetaTrader 5のヘルプ

ファイルとフォルダ

ここでは、プラットフォームのファイルとフォルダがどのように格納されているかの説明が含まれています。プラットフォームがメインモードで起動された場合、変更可能と読み取り専用ファイルは別々に保存されています。

プラットフォームの読み取り専用ファイル

これらのファイルは /Program Files/platform folder/ に位置します。下記がリストです。

  • Terminal.exe — プラットフォームの実行ファイル
  • MetaEditor.exe — 内蔵されたMQL5言語エディタの実行ファイル
  • Sounds/*.wav — プラットフォームの標準音声ファイルのセット

編集可能なファイル

プラットフォームのメインディレクトリには BasesConfigLogsMQL5ProfilesTemplates、Testerの複数のフォルダが含まれます。目的の保管場所への迅速なアクセスのためにはデータフォルダーを開くファイルメニューの「データフォルダーを開く」を使用します。

全てのテキストファイルは Unicode 形式です。編集には、適切なソフトウェアを使用してください。

Bases ディレクトリには、サーバによってグループ化されたプラットフォームのデータベースと設定が含まれています。

フォルダとファイル

説明

サブフォルダ

説明

(デフォルト)。

プラットフォームデータベースのデフォルトフォルダ

履歴

金融製品の履歴データが格納されます。各セキュリティは yyyy.hcc, ticks.dat ファイルとキャッシュフォルダが含まれている別々のディレクトリに格納されています。yyyy.hcc ファイルは銘柄の分間データを含み、ファイル名はデータの年を示します。ticks.dat ファイルは銘柄のティックデータを含みます。「Cache」フォルダに格納された*.hc ファイルは分間データから銘柄について計算された異なる時間枠のバーを含みます。これらはチャート期間の選択時に自動的に作成されます。

Mail

このフォルダはプラットフォームで受信及び送信された全ての電子メールを含みます。メールデータベースは *.dat ファイルに格納され、アカウントごとに別々のファイルが作成されます。例は mail-xxxxx.dat で、ここで xxxxx が口座番号です。

 

Server1— N

別々の取引サーバのデータベースフォルダ

ニュース

このフォルダは選択された取引サーバから受信された全てのニュースレターを含む news.dat ファイルのみを含みます。

銘柄

selected-xxxxx.dat ファイルは現在気配値表示 ウィンドウで選択されている銘柄のデータベースを含みます。symbols-xxxxx.dat ファイルは取引サーバで利用可能な銘柄全ての共通データベースを含みます。

Trades

プラットフォームで開かれた口座番号によるサブフォルダを含みます。それぞれのサブフォルダには取引と注文に関する情報を持つ deals_yyyy.mm.dat と履歴情報を持つ history_yyyy.mm.dat が含まれます。月ごとに別々のファイルが作成されます。ここで yyyy は年を、mmは月を表します。

alerts.dat

作成されたアラートのデータベース

books.dat

現在開いているリクエストキューウィンドウのリスト

favourites.dat

ナビゲータウィンドウの「お気に入り」に追加された項目のデータベース

gvariables.dat

このファイルはプラットフォームで使われるグローバル変数の情報を含みます。

hotkeys.ini

キーボードのショートカットのデータベース

indicators.dat

挿入メニューに表示する指標の使用統計

objects.dat

挿入メニューに表示するオブジェクトの使用統計

Config ディレクトリはプラットフォームの構成ファイルを含みます。

フォルダとファイル

説明

certificates

*.pfx 証明書ファイルを含むフォルダ

accounts.dat

口座と口座設定のデータベース

common.ini

ツールメニューで開かれたオプションウィンドウで利用可能なプラットフォームの共通設定

metaeditor.ini

MetaEditorの共通設定

mt5terminal.ini

(ウィンドウの位置、取り付けられた指標等の)プラットフォームインターフェイスの設定と最後に使用された値

servers.dat

取引サーバへの接続設定

Logs ディレクトリはプラットフォームとMetaEditorログ及びクラッシュログを含みます。

フォルダとファイル

説明

/Crash/crash.log.*

/crash ディレクトリはプラットフォームのクラッシュログを含みます。これらのファイルは、原因を突き止めて除去するために、自動的に開発者の会社に送信されます。

yyyymmdd.log

プラットフォーム内で発生しているイベントの情報を含むログを含みます。プラットフォームのログは、実行日ごとに別々のファイルに格納されています。ここで yyyy は年、mmは月、ddは日を表します。

metaeditor.log

MetaEditor ログ。

MQL5 ディレクトリはこの言語で書かれたプログラムの全ての情報を含みます。

フォルダとファイル

説明

/Experts

エキスパートアドバイザーのコンパイル済みのファイル(*.ex5)及びソースコードファイル( *.mq5)を含みます。

/Files

エキスパートアドバイザーとスクリプトで使用されるアイルを含みます。

/Images

*.bmp 形式の画像ファイルを含みます。

/Include

共通の *.mqh インクルードファイルを含みます。

/Indicators

カスタム indicators.Con ファイルを含みます。

/Libraries

MQL5 ライブラリを含みます。

/Logs

エキスパートアドバイザーのログ( yyyymmdd.log)を含みます。これらのファイルは、EA 作動の日ごとに別々に作成され、その名は、 yyyy -年、mm 月、dd 日と作成日に対応しています。

/Presets

エキスパートアドバイザー起動のパラメータはこのフォルダに格納されます(入力パラメータ)。

/Profiles

様々なプロファイルとテンプレートを含みます。:

  • /Charts — チャートプロファイル。デフォルトのチャート設定テンプレートはDefaultサブディレクトリに保存されています。カスタムプロファイルと組み込みプロファイルは、プロファイルの名前に対応する名前を持つ別々のサブディレクトリに格納されます。各プロファイルには、チャートの説明を含む* .chrファイルと、ウィンドウの配置順序を持つorder.endファイルが含まれています
  • /Deleted — テンプレート を将来的に再度開くために保存
  • /SymbolSets — 「気配値表示」ウィンドウの銘柄のセット(表示された情報列を含む)
  • /Templates — *.tplファイルとしてのチャートテンプレート報告書としてのHTMLテンプレート
  • /Tester — テストされたすべてのエキスパートアドバイザーで最後に使われたパラメータセットを持つ*.set ファイル

/Scripts

スクリプトファイルを含みます。

experts.dat

挿入メニューに表示するMQL5 プログラムの使用統計を含みます。

Tester ディレクトリはストラテジーテスターで使用されるファイルとフォルダを含みます。

フォルダとファイル

説明

サブフォルダ

説明

Agent-IP-address-port

これらのフォルダは、テスターのエージェントごとに作成されます。フォルダ名は、エージェントが動作しているIPアドレスとポート番号が含みます。

MQL5

最後にテストされたエキスパートアドバイザーのファイルがこのフォルダに保存されています。エキスパートアドバイザーは遠隔エージェントのフォルダには格納されません。

logs

エージェントの操作ログのエントリは、このフォルダに格納されています。

bases

エージェントが使用する履歴データは、このフォルダに保存されます。

logs

このフォルダはストラテジーテスターのログ( yyyymmdd.log )を含みます。これらのファイルは、EAが作動した日ごとに別々に作成され、その名は、 yyyy 年、mm 月、dd 日と作成日に対応しています。

/Manager

このディレクトリは MetaTesterコンポーネントのログエントリを含みます。

/Cache

このフォルダは直近のエキスパートアドバイザーの最適化のキャッシュであるXMLファイルを含みます。