MetaTrader 5のヘルプ

受信トレイ

プラットフォームには、内部のメールシステムが含まれています。これを介して、アカウントに関する情報、プラットフォーム機能に関する有用な情報、今後のイベントなどのブローカーからの重要な情報を受け取ることが可能です。

全ての電子メールは、「ツールボックス」ウィンドウの「受信トレイ」タブに表示されます。

Mail System

メールの表題

メール送信者の名前

メール受信者の名前

メールの送信または受信時間

未読のメッセージは未読のメッセージアイコンを持ち、既読のメッセージは既読のメッセージアイコンを持ちます。送信メールは送信メールアイコンを持ちます。電子メールへの応答の機能を使用すると、メッセージはスレッドごとに分けられ、クライアントとの会話中にナビゲートすることが容易になります。電子メールのスレッドはメールスレッドアイコンを持ちます。スレッドを展開するには、このアイコンをクリックします。

電子メールは取引サーバに保存されます。メールはプラットフォームのインターフェースから削除された場合には再ダウンロードされません。しかし、プラットフォームのメールデータベース(/bases/server_name/mail/mail-account_number.dat ファイル)が削除されたか、接続が別のプラットフォームからされた場合は、過去30日間の全てのメールが再びダウンロードされます。

メールを読む方法

電子メールを読むにはそれをダブルクリックします。

電子メールを読むには、リスト内でそれをダブルクリックします。

電子メールの先頭には、クライアントのアカウントと名前、電子メールの日付、表題と(もしあれば)添付ファイルのデータが含まれています。

このウィンドウのツールバーには、次のコマンドが含まれています。

  • 返信 返信 — 電子メール作成ウィンドウを開けると「宛先」フィールドは書き入れられており受信した電子メールの引用が含まれてます。
  • 保存 保存 — コンピュータ上で電子メールをHTMLファイルまたはUnicodeのテキストファイルとして保存します。
  • 印刷 印刷 — 電子メールを印刷します。
  • 印刷プレビュー 印刷プレビュー — 電子メールを印刷する前にプレビューウィンドウを開きます。
  • 添付ファイル 添付ファイル — 電子メールに添付されたファイルを保存します。添付ファイルを保存する別の方法は、電子メールヘッダーの適切なフィールドでその名前をクリックすることです。

メールを書く方法

電子メールを作成するには、コンテクストメニューで適切なコマンドを選択するか、受信トレイタブで「Insert」キーを押します。

電子メールの宛先を選択して電子メールの件名と本文を追加します。

このウィンドウで、以下のデータを指定します。

  • 宛先 — 電子メールを送信したい取引サーバ管理者のアカウント
  • 表題 — メールの表題
  • 添付 — 電子メールに添付されるファイルファイルを添付するにはファイルを添付をクリックして、添付ファイルを指定します。添付ファイルを削除するには添付ファイルを削除アイコンを持ちます。いくつかのファイルがメールに添付された場合は、最後のファイルから順番に削除されます。
  • 下部には、メールテキストを操作するためのタブの列があり、「編集」、「表示」、及び「ソース」の3つのタブが含まれています。「編集」タブでは、電子メールのテキストを書き込むことやそれを操作するためのコマンドを使用することができます。「表示」タブでは最終的な電子メールを表示することができます。「ソース」タブでは、電子メールの HTML コードを作業することができます。

添付ファイルには次の制限があるのでご注意ください。

  • 添付ファイルのサイズは8メガバイトを超えることはできません
  • 添付ファイルのサイズの合計は16メガバイトを超えることはできません
  • 最大5つのファイルの添付が可能です