MetaTrader 5のヘルプ

Linuxでのプラットフォームのインストール

LinuxはUnixに類似したコンピュータオペレーションシステムで、無償のオープンソースソフトウェア開発及び配布という様式でアセンブルされます。Linuxシステムはスマートフォンやサーバハードウェアで広く利用されています。とはいうものの、ホームPCユーザーは 多くが MS Windows シリーズを好むものです。

Linuxの特徴の一つは汎用配布キットがないことです。異なるグループの開発者がDebian、ミント、Ubuntu、openSUSE、Gentoo など複数の Linuxバージョンに関して作業を行っています。この記事では、最も人気のあるディストリビューションキットの一つであるUbuntuを検討します。

プラットフォームは、UbuntuシステムでWineを使用してインストール及び使用することができます。WineはUnix系のオペレーティングシステム上でのMicrosoft Windows用に設計されたアプリケーションの実行を目的とした無償のオープンソースソフトウェアアプリケーションです。WineにはUbuntu向けのものがあります。

  • Wine は完全に安定したアプリケーションではありません。その下で起動するアプリケーションの機能のいくつかは、正しく動作しないかまったく動作しない可能性があります。
  • Ubuntu と Wine の最新バージョンを使用することを強くお勧めします。取引プラットフォームはタイムリーな更新によって最大限に安定します。

Ubuntu のすべてのアプリケーションは、リポジトリに含まれるパッケージからインストールされます。Ubuntu の最新バージョンでは、必要な Wine インストールリポジトリがすでにシステムで追加の設定なしで利用可能です。したがって、Wine をインストールするには、コマンドライン(Ubuntu の "Terminal")で 1 つのコマンドを実行するだけです。

sudo apt-get install wine-stable

このコマンドは、最新の安定版 Wine をインストールします。

コマンドラインでの Wine のインストール

開発者向け Wine バージョンをインストールすることもできます。このバージョンにはさまざまな改善が含まれていますが、安定性は低くなります。インストールするには、次のコマンドを実行します。

sudo apt-get install wine-development

お使いの Ubuntu バージョンがリポジトリを提供せず、Wine のインストール中にエラーが発生した場合は、次のコマンドを1つずつ実行します。

wget -nc https://dl.winehq.org/wine-builds/Release.key
sudo apt-key add Release.key
sudo apt-add-repository https://dl.winehq.org/wine-builds/ubuntu/

次に、下のコマンドを実行してパッケージ情報を更新します。

sudo apt-get update

コマンドの実行後、次のコマンドを使用してWine をインストールします。

sudo apt-get install --install-recommends winehq-stable

Ubuntu でのインストールの詳細については公式 Wine サイトをご覧ください。

プラットフォームの開始

プラットフォームをインストールするにはインストーラ—の「mt5setup.exe」をダウンロードします。ダウンロードが完了したら、セットアップファイルを実行します。システムは自動でMicrosoft Windows向けに設計されたファイルを実行しようとしていることを判断し、Wineを使ってファイルを開くよう提案します。このオプションを選択し「OK」をクリックします。

Wineを使ってインストールパッケージを開きます。

プラットフォームインストーラが起動します。インストール手順を完了します。

インストールウィザードの指示に従います。

インストールが完了したら、プラットフォームのファイルterminal.exeを実行することでプラットフォームを使い始めることができます。

Ubuntuでプラットフォームを使い始めるあと一つの方法はMicrosoft Windowsシステムに以前にインストールされたプラットフォームのフォルダー全体をコピーすることです。

インストールの代わりに、以前にインストールしたプラットフォームをコピーできます。

コピーの完了後、ただプラットフォームのterminal.exeを実行します。ファイルを開くのにWineが自動的に使用されます。

これまでに判っている問題点

すでに述べたようにWineは完全に安定的なアプリケーションではありません。このためプラットフォームの一部機能は不適切な動作をする可能性があります。現時点では次のような問題が発見されています。

上記の問題を除き、Ubuntuでプラットフォームの機能を全て楽しむことができます。

プラットフォームデータディレクトリ

Wineはインストールされる各プログラムにとって必要な環境を持つ仮想理論ドライブを作成します。以下がインストールされるプラットフォームのデータフォルダのデフォルトパスです。

 Home\.wine\drive_c\Program Files\Client Terminal