MetaEditorヘルプ

エキスパートアドバイザのテンプレート作成

エキスパートアドバイザのテンプレート作成

ライブラリは、ソースコードを記述するために設計されたファイルです。テンプレートが生成されると、MQL5\Experts (または MQL4\Experts) に自動的に保存されます。生成時にはイベントハンドラを選んでテンプレートに組み込むことができます。

MQL4/MQL5 ウィザードでライブラリを選択した後、「次へ」ボタンを押すとつぎのウィンドウが表示されます。

エキスパートアドバイザの生成

このウィンドウではつぎの項目に値を設定します。

  • 名前 — エキスパートアドバイザの名前で、ファイル名も同じ名前となります。
  • 著作者 — 作成者の名前です。
  • リンク — 開発者のe-メール、またはウェブサイトアドレスです。
  • パラメータ — エキスパートアドバイザの入力パラメータ(外部変数)一式

外部パラメータを参照する「入力」クラス変数パラメータを生成するために「追加」ボタンを押します。3つの項目をすべて埋めます。

  • 名前 — 変数の名前です。
  • — 入力変数の型でリストから選びます。
  • 初期値 — 変数の初期値であり、故意に変更されるまでのディフォルト値となります。

必要な項目をすべて埋めたら、「次へ」ボタンがアクティブになります。

イベントハンドラ

このステップで追加のイベントハンドラ を選択しエキスパートアドバイザテンプレートに挿入します。選択したハンドラに必要なすべてのパラメータが指定されるので、プログラマーには大きな支援となります。

イベントハンドラ選択

1つ以上のイベントハンドラをチェックし選択します。カーソルをハンドラ名の上にかざすと、ハンドラの更なる説明のポップアップヘルプが表示されます。

選択したハンドラは、主要な関数である、OnInit()、 OnDeninit および OnTick() に加えて定義されます。

テスターイベントハンドラ

このステップでは、追加のテスターイベントハンドラ を選択しエキスパートアドバイザテンプレートに挿入します。このハンドラは、リアルタイムモードでの最適化プロセスをコントロールするためのものです。

テスターイベントハンドラ

1つ以上のイベントハンドラをチェックし選択します。カーソルをハンドラ名の上にかざすと、ハンドラの更なる説明のポップアップヘルプが表示されます。

テンプレート作成を完了するために、「完了」ボタンを押します。押したらすぐに、エキスパートアドバイザのソースコード編集ウィンドウが自動的に開きます。