MetaEditorヘルプ

クラス作成

新しいクラスを生成すると、そのクラスを記述するための新しいインクルードファイルテンプレートも生成されます。このファイルは、MQL5\Include(または MQL4\Include)ディレクトリに自動的に保存されます。クラスを生成するとき、それのベースクラスを指定します。これはThis will be considered in the template as well.

MQL4/MQL5 ウィザードでライブラリを選択した後、「次へ」ボタンを押すとつぎのウィンドウが表示されます。

クラスの生成

このウィンドウではつぎの項目に値を設定します。

  • クラス名— 生成するクラスの名前
  • インクルードファイル — 生成されるクラスのmqhファイル名と\MQL4(\MQL5)ディレクトリでのその相対パスです。
  • ベースクラス — もし生成するクラスが他のクラスを継承するなら、ベースクラス名をここに指定します。次にベースクラスから継承のタイプを選択します。
  • 著作者 — 作成者の名前です。
  • リンク — 開発者のe-メール、またはウェブサイトアドレスです。

MQL4/MQL5 ウィザードを呼び出した条件により、「インクルードファイル」項目は対応するパスに置換されます。

  • 開かれたドキュメントがない場合、 \Include パスは置換されます。
  • 開かれたファイルがある場合、現在アクティブなファイルへのパスに置換されます。
  • もし、MQL4/MQL5ウィザードを「MQL4/MQL5ウィザード」を「ナビゲータ」ウィンドウでスタートした場合、パスは対応するフォルダに置換されます。

必要な項目をすべて埋めたら、「完了」ボタンがアクティブになります。押すや否やクラスファイルが生成され、そのソースコードを記述するウィンドウが自動的に開きます。