MetaEditorヘルプ

MQL4 / MQL5ウィザード

MQL4 / MQL5ウィザード

MetaEditorは、MQL4/MQL5プログラムの迅速な作成を支援するMQL4/MQL5ウィザードを装備します。

MQL4/MQL5ウィザードを用いれば、トレーダーはプログラミングスキルがなくてもエキスパートアドバイザを作成することができます。必要なことは、エキスパートアドバイザに替るトレーディングシグナル、資金管理、およびトレイリングストップアルゴリズムを選択するだけです。エキスパートアドバイザのコードは選択したパラメータをベースに生成されます。

さらに、MQL4/MQL5ウィザードはプログラマーの作業を単純化するMQL4/MQL5プログラムテンプレートを生成します。テンプレートはソースコードを記述するために設計されたファイルです。それが生成されると、選択されたMQL4/MQL5プログラムのタイプによって自動的に適切なディレクトリに保存されます。生成時にはイベントハンドラを選んでテンプレートに組み込むことができます。故に、MQL4/MQL5ウィザードはプログラム作成時の決まりきった作業に費やす時間を節減できます。

MQL4/MQL5ウィザードを起動するには、「新規作成新規作成」コマンド(メニュー「ファイル」⇒、または「標準」ツールバー)を使用します。または、「Ctrl+N」ホットキーを使用できます。

MQL5 ウィザード

ウィザードの第1ステップは、生成対象のタイプ選択です。

  • エキスパートアドバイザ(テンプレート)
     エキスパートアドバイザのテンプレートを生成することにより、フィナンシャルマーケットにおける効果的な分析とトレーディングを完全に自動化することができます。
  • エキスパートアドバイザ(生成)
     標準ライブラリをベースとした出来合いのエキスパートアドバイザを生成します。トレーディングシグナルを選択し、資金管理とトレイリングストップアルゴリズムを選択して生成します。
  • カスタムインディケータ
     ダイナミックな価格分析のためのカスタムテクニカルインディケータを作成するためのテンプレートを生成します。
  • スクリプト
     スクリプトを記述するためのテンプレートを生成します。スクリプトは任意の動作を1回だけ実行するプログラムです
  • ライブラリ
     様々なアプリケーションで使用され得るライブラリ関数を記述するためのテンプレートを生成します。
  • インクルード(*.mqh)
     インクルードファイルのテンプレートを生成します。インクルードファイルは、様々なアプリケーションで使用される関数の行います。
  • 新しいクラス
     クラス定義のためのインクルードファイルのテンプレートを生成します。クラスは、様々なプログラムの開発時に使用されます。

必要な対象のタイプを選択し、「次へ」をクリックします。個別アプリケーションの生成に関する説明は次のセクションで行います。