MetaEditorヘルプ

スクリプト作成

スクリプト作成

スクリプトは、ソースコードを記述するために設計されたファイルです。生成されると、自動的に MQL5\Scripts(または MQL4\Scripts)ディレクトリに配置されます。

MQL4/MQL5ウィザードでスクリプトを選択した後、「次へ」ボタンを押すとつぎのウィンドウが表示されます。

スクリプトの生成

このウィンドウではつぎの項目に値を設定します。

  • 名前 — スクリプトの名前で、ファイル名も同じ名前となります。
  • 著作者 — 作成者の名前です。
  • リンク — 開発者のe-メール、またはウェブサイトアドレスです。
  • パラメータ — スクリプトの入力パラメータセット(外部変数)です。

外部パラメータを参照する「入力」クラス変数パラメータを生成するために「追加」ボタンを押します。3つの項目をすべて埋めます。

  • 名前 — 変数の名前です。
  • — 入力変数の型をリストから選びます。
  • 初期値 — 変数の初期値であり、故意に変更されるまでのディフォルト値となります。

必要な項目をすべて埋めたら、「完了」ボタンがアクティブになります。押すや否やスクリプトが生成され、そのソースコードを記述するウィンドウが自動的に開きます。