iPhone/iPad版MetaTrader 5のヘルプ

チャート

チャートは時間の経過による価格変化を示します。さまざまな組み込みの指標をチャートに適用して市場を分析することができます。この画面に切り替えるには、画面の下部パネルを使用します。

チャートの表示

金融商品のチャートを開くには[気配値]画面で[チャート]メニューコマンドを実行します。

MetaTrader 5 iPhone版で表示できる価格データの量には限界があります。お使いの端末に応じて、最低2000本のバーを表示できます。制限に達するとすぐに、チャートの最下部に[Maximum bars limit(最大バー数)]の通知が表示されます。

 

チャート

期間の選択

チャート期間と銘柄

MetaTrader 5 iPhone版は、1分(M1)から1日(D1)までの9つのチャート時間枠を表示できます。

時間枠はチャートの上部パネルを使用して切り替えることができます。現在の期間のボタンをタップします。これによりメニューが開き、他の時間枠に切り替えることができます。

また、[気配値]セクションを開かずにチャートを別の金融商品に切り替えることもできます。現在の銘柄の名前をタップし、一覧から必要な銘柄を選択します。

ワンクリック取引

取引操作はチャートからすぐに迅速に実行できます。チャートの上の Show one-click trading panel[ワンクリック取引パネルを表示]をタップします。これにより特別なパネルが開き、特定の数量で成行買い注文または成行売り注文を即座に送信することができます。

  • ワンクリック取引機能を有効にするには、該当するオプションをチャート設定で有効にします。
  • ストリーミング注文モードで取引する場合、注文には最後に使用された価格偏差が設定されます。
  • リクオートの場合は、該当するログが追加され、リクオートの音声が再生されます(音声は設定で有効にします)。

チャートからのワンクリック取引

チャートコントロール

チャートでは次の操作を実行できます。

  • スクロール: チャートをスクロールするには、左右にスワイプします。
  • スケーリング: ズームインするには、チャートの拡大する領域に2本の指を合わせて置き、指をドラッグします。ズームアウトするには、画面の異なる部分に2本の指を置き、互いに向かってドラッグします。
  • 指標の使用: チャートから指標を追加または削除するには、チャートの上にある指標をタップするか、コンテクストメニューから[インディケータ]コマンドを実行します。
  • 全画面モード: デバイスを横長モードにすると、全画面モードが自動的に有効になります。さらに、チャートをタップして全画面モードとノーマルモードを切り替えることもできます。
  • チャートの種類を変更する: チャートには3種類あります。切り替えるには、コンテクストメニューの該当するボタンをタップして[チャート設定] を開きます。
  • バーチャート: チャートをバーのシーケンスとして示します。
  • ローソク足: チャートをローソク足として示します。
  • ラインチャート: チャートをバーの終値を結ぶ破線として示します。

クロスヘアー

クロスヘアーモードでは、チャートの任意のポイントでの正確な日付、価格、及び指標値を表示できます。

モードを有効にするには、チャートの上のパネルのクロスヘアーをタップします。クロスヘアーをチャートの任意の点に移動します。日付と価格が適切なチャートスケールに表示されます。

クロスヘアーモードを無効にするには、再度クロスヘアーをタップします。

クロスヘアー

データウィンドウ

データウィンドウ

データウィンドウでは、チャートの任意のポイントでの正確な指標値を表示できます。これはMetaTrader 5 iPhone設定で有効にできます。その後クロスヘアーは有効にされて、必要なポイントに移動されます。

コンテクストメニュー

このコンテクストメニューには、次のコマンドが含まれています。

  • Trade — 指定された銘柄での取引操作に切り替えます。このボタンは、サーバに接続されていない場合は表示されません。
  • Indicators — 現在のチャートの指標を管理します。
  • Objects — チャートのグラフィックオブジェクトを管理します。
  • Settingsチャート設定を開きます。
  • キャンセル — コンテクストメニューを閉じます。