MetaTrader 5のヘルプ

Linuxでのプラットフォームのインストール

LinuxはUnixに類似したコンピュータオペレーションシステムで、無償のオープンソースソフトウェア開発及び配布という様式でアセンブルされます。Linuxシステムはスマートフォンやサーバハードウェアで広く利用されています。とはいうものの、ホームPCユーザーは 多くが MS Windows シリーズを好むものです。

Linuxの特徴の一つは汎用配布キットがないことです。異なるグループの開発者がDebian、ミント、Ubuntu、openSUSE、Gentoo など複数の Linuxバージョンに関して作業を行っています。この記事では、最も人気のあるディストリビューションキットの一つであるUbuntuを検討します。

プラットフォームは、UbuntuシステムでWineを使用してインストール及び使用することができます。WineはUnix系のオペレーティングシステム上でのMicrosoft Windows用に設計されたアプリケーションの実行を目的とした無償のオープンソースソフトウェアアプリケーションです。WineにはUbuntu向けのものがあります。

Wineは完全に安定的なアプリケーションではないことには注意が必要です。起動されたアプリケーションの一部の機能が正しく動作しない、またはアプリケーションがまったく動作しない可能性があります。

インストールの前に、事前セットアップが必要です。Ubuntuでは全てのアプリケーションがリポジトリに含まれているパッケージからインストールされます。WineをインストールするにはWineHQ PPAリポジトリへのパスを追加します。Ubuntu「ソフトウェアセンター」を開き、「編集」メニューで「ソフトウェアソース」を実行します。

Ubuntu「ソフトウェアセンター」を開き、「編集」メニューで「ソフトウェアソース」を選択します。

新しいウィンドウで「追加する」をクリックします。

Wineをインストールするには、リポジトリを指定します。

次のデータは АРТ (Advanced Package Tool) 行:ppa:ubuntu-wine/ppa で指定する必要があります。「ソースを追加する」をクリックします。これで事前セットアップが完了します。

Wineをインストールするには、公式ウェブサイト http://www.winehq.orgを開き、「ダウンロード」に進み、Ubuntu向け配布キットを選択します。最新Wineバージョンをインストールするために適切なリンクをクリックします。現時点で最新の安定バージョンはWine1.8です。またβ版のWine1.9.0をダウンロードすることもできます。これには多くの改良が施されていますが、やや安定性に欠けます。システムはUbuntu「ソフトウェアセンター」を介してリンクを開くよう促します。それに同意しすると、「ソフトウェアセンター」はWineのインストールを進めます。

インストールが完了するのを待ちます。

「インストールする」をクリックし、インストールが完了するのを待ちます。インストールが完了すると、UbuntuでMicrosoft Windowsの実行可能なファイルを実行することがすでにできる状態となっています。

コマンドラインからのWineインストール

Ubuntu GUIを使用せずにWineをインストールするためにはコマンドライン(Ubuntuでは「ターミナル」と呼ばれます)を使用することができます。

次のコマンドを実行しWineHQ PPAレポジトリを追加します。そこからWineがインストールされます。

sudo add-apt-repository ppa:ubuntu-wine/ppa

Wineはコマンドラインからインストールできます。

実行後、以下のコマンドを用いてAPT パッケージを更新します。

sudo apt-get update

実行後にWineのインストールを開始することができます。次のコマンドを実行します。

sudo apt-get install wine1.8

Wineバージョン1.8 がインストールされます。実行後、Wineを使用できます。

プラットフォームの開始

プラットフォームをインストールするにはインストーラ—の「mt5setup.exe」をダウンロードします。ダウンロードが完了したら、セットアップファイルを実行します。システムは自動でMicrosoft Windows向けに設計されたファイルを実行しようとしていることを判断し、Wineを使ってファイルを開くよう提案します。このオプションを選択し「OK」をクリックします。

Wineを使ってインストールパッケージを開きます。

プラットフォームインストーラが起動します。インストール手順を完了します。

インストールウィザードの指示に従います。

インストールが完了したら、プラットフォームのファイルterminal.exeを実行することでプラットフォームを使い始めることができます。

Ubuntuでプラットフォームを使い始めるあと一つの方法はMicrosoft Windowsシステムに以前にインストールされたプラットフォームのフォルダー全体をコピーすることです。

インストールの代わりに、以前にインストールしたプラットフォームをコピーできます。

コピーの完了後、ただプラットフォームのterminal.exeを実行します。ファイルを開くのにWineが自動的に使用されます。

これまでに判っている問題点

すでに述べたようにWineは完全に安定的なアプリケーションではありません。このためプラットフォームの一部機能は不適切な動作をする可能性があります。現時点では次のような問題が発見されています。

上記の問題を除き、Ubuntuでプラットフォームの機能を全て楽しむことができます。

プラットフォームデータディレクトリ

Wineはインストールされる各プログラムにとって必要な環境を持つ仮想理論ドライブを作成します。以下がインストールされるプラットフォームのデータフォルダのデフォルトパスです。

 Home\.wine\drive_c\Program Files\Client Terminal