MetaTrader 5のヘルプ

プラットフォームのインストール

プラットフォームのインストール

プラットフォームをインストールするにはインストーラであるmt5setup.exeをダウンロードして実行します。

  • これはWebインストーラです。つまり、コンポーネントの多くは、インストール時にインターネットからダウンロードされます。
  • インストーラは、オペレーティングシステムのビット特性を認識し、プラットフォームに適切なバージョンをインストールします。
  • 64ビットオペレーティングシステムで32ビット版をインストールするには、/32 キーでインストーラを起動します。(例: c:\>mt5setup.exe /32)
  • プラットフォームは Microsoft Windows XP SP3 SP3/2003/Vista/2008/7/8/10 で実行できます。SSE2サポートを持つプロセッサ(Pentium4/Athlon 64以上のプロセッサ)も必要です。その他のハードウェア要件は、MQL5アプリケーションの実行のロード、アクティブな金融製品の数などの特定の使用条件によって異なります。 

ソフトウェアの記述とエンドユーザライセンス条項をご確認ください。全ての条項に同意する場合は、「次へ」ボタンをクリックしてください。本条項に同意しない場合は、インストールプログラムを終了してください。

「次へ」をクリックすると、開発者サーバのいずれかから、プラットフォームの配布パッケージのバックグラウンドダウンロードが開始されます。ダウンロードにはユーザーに最も近いサーバが選択されます。

ウィザードの指示に従ってプラットフォームをインストールします。

インストールオプションを選択するには、「設定」をクリックしてください。

  • インストールフォルダ — プラットフォームをインストールするディレクトリ。「参照...」ボタンをクリックして手動でパスを設定することにより、別のディレクトリを指定することもできます。
  • プログラムグループ — スタートメニューに作成されるプログラムグループの名前
  • MQL5.communityウェブサイトを開く — インストール後に最も人気のあるトレーダのコミュニティサイトを開きます。MQL5.communityは自動化されたコピー取引や、マーケットからの既製自動売買ロボットの購入とバーチャルプラットフォーム上での24/7実行などの、複数のサービスを提供しています。
  • プラットフォームは既存のプラットフォームを上書きしてインストールすることができます。既存のプラットフォームの設定はデフォルトのプロファイル及び定型チャートと標準のMQL5プログラムのセットを除いて全て保存されます。
  • 同時に複数のアカウントを使用する必要がある場合は、プラットフォームをそれぞれ異なるディレクトリにインストールしてください。

インストールを始めるには「次へ」をクリックします。完了したら「完了」をクリックしてプラットフォームを実行します。