iPhone/iPad版MetaTrader 5のヘルプ

iPhone/iPad版MetaTrader 5のヘルプiPad版

iPadバージョン

MetaTrader 5モバイルプラットフォームには、iPadタブレット用の特別なバージョンがあります。その大画面では、デスクトッププラットフォームバージョンとほぼ同じように、取引およびテクニカル分析ツールを使用できます。

スワイプメニュー、コンテキストメニューなど、iPadアプリのすべてのコントロール要素はiPhoneバージョンと同様に機能します。以下のインタラクティブ画像を使用すると、スマートフォンアプリのバージョンに関連するヘルプセクションの目的のタブレットバージョン要素の説明に移動できます。

MetaTrader 5 for iPad Interface

クロスヘアモードをオンにしてチャートに正確な価格と指標値を表示します。

Open チャート設定を開いてカスタマイズします。

  • チャートの外観: バー、ローソク足、線
  • 表示される情報: ボリューム、期間区切り、取引レベル、履歴
  • 任意の要素の色

インディケータ—をチャートに追加するまたは実行中のインディケータ—をカスタマイズします。

Add 分析オブジェクトをチャートに追加またはアクティブなオブジェクトをカスタマイズします。

チャートの時間枠を切り替えます。1分(M1)から1日(D1)までの9つの時間枠がサポートされています。

[相場]ウィンドウを開いて金融銘柄の価格を表示します。

取引ダイアログを開いて、取引を実行し未決済注文を出します。

[相場]ウィンドウでは金融商品のリアルタイムの価格情報を表示できます。

銘柄をタップするとそのチャートが開き、長押しするとコンテキストメニューが表示されます。

[相場"ウィンドウを開くと、金融銘柄の価格が表示されます。

現在のチャートを全画面モードで開きます。相場、取引、ツールボックスのウィンドウは最小化されます。

取引ポジションアクティブ未決済注文のリストを開きます。

口座の取引操作履歴を開きます。

金融ニュースセクションを開きます。ここでは、金融相場に影響を与える可能性のある重要なグローバルイベントを追跡できます。

Open the メールセクションを開きます。ここでは、証券会社からの有用な情報が記載されたメールを表示できます

メッセージセクションを開きます。ここではMQL5.communityでの友達や他のトレーダーと通信できます。このセクションには、デスクトッププラットフォームとMQL5.comサービス(シグナルマーケットVPSなど)からの最新の通知も表示されます。

取引口座管理セクションを開きます。このセクションでは、新しい口座を作成したり、既存の口座を使用して接続したり、パスワードを変更したりできます。

モバイルプラットフォーム設定を開きます。このセクションでは、インターフェースとニュース言語を変更したり、音声アラートを管理したり、アプリによるデータ使用量に関するレポートを表示したりできます。

金融銘柄チャート

チャートを管理するには、左側のパネルまたはチャートをシングルタップしたときに開く放射状メニューを使用します。このメニューではいかができます。

1クリック取引パネルを開くこのパネルから、チャートから直接1タップで取引を実行できます。

ビジュアルモードで指値注文を出します。価格ライン、およびSLラインとTPラインをチャート上の目的の価格レベルにドラッグし、注文を確認します。

iPhoneバージョンとのわずかな違いは、ツールボックスウィンドウの現在ポジション口座履歴操作にあります。

  • 操作の最初の列(記号名/操作日)をタップすると、操作の詳細が表示されたウィンドウが開きます。
  • 操作ラインをタップすると、チャート銘柄が操作銘柄に切り替わります。
  • ポジションとアクティブ注文のコンテキストメニューは、タップではなく、その行を長押しすることで開かれます。
  • 履歴内の操作フィルタはボタンで開きます履歴フィルタまたは、任意の行を長押しします。
  • 下部のパネル(取引、履歴、ニュースなど)は、上部の境界線をドラッグすることでサイズを変更できます。

iPadでの取引操作履歴の操作