MetaEditorヘルプ

ワークスペース

ワークスペース

MetaEditorインターフェイスの主な部分は、プログラムのソースコードを操作することができます。 [ナビゲータ] ウィンドウでは、フォルダを表示したり、ファイルを開いて編集することができます。 [ツールボックス] ウィンドウには、検索、コンパイル、プロファイリングなど、MetaEditorのさまざまな操作の結果が表示されます。 その上、 MQL4/MQL5プログラミングについてのソースコードそして記事の広汎なライブラリへのアクセスを提供します。

このセクションでは、その他のMetaEditorホットキーを一覧にし、大幅に作業を促進し、スピードアップします。

MetaEditorworkspace

Navigator

"Navigator" is designed to work with files and folders inside /MQL4or /MQL5directories of the trading platform. ここでファイルやフォルダを生成、削除できます。これはプロジェクトでの作業と同様です。MQL5Storage.

Code editing

Window for writing a source code.

Status Bar

The ステータスバーは、プログラムコード、コマンドプロンプト上の現在のカーソル位置を表示します。

Toolbox

The "Toolbox"ウィンドウは、検索結果を表示します。 また、コードベースへのアクセス、プログラミングに関する記事、パブリックプロジェクトとMetaEditorジャーナルのリストもあります。

開いているファイルのタブ

ここでは、開いているファイルを切り替えることができます。

コンテキストメニューを使用すると、ディスク上のファイルに移動したり、コンパイルを開始したりできます。