MetaEditorヘルプ

ウィンドウ操作

ウィンドウ操作

MetaEditorワークスペースのメインは、プログラムのソースコードを編集することです。 現在開いているファイルはすべてタブとして表示されます。 特定のファイルの編集を開始するには、そのタブをクリックします。

タブ

ウィンドウメニューコマンドまたは標準ツールバーでファイルウィンドウの場所を変更することができます タブを展開または折りたたむには、その名前をダブルクリックします。

タブのコンテキストメニューは、次のコマンドを備えています。

  • 新しいウィンドウ新しいウィンドウ—現在のタブのコピーを新しく開きます。 コピーのシーケンス番号がタブ名に追加されます。
  • コンパイルします。コンパイルコンパイル現在のプログラムコード。
  • 開いているファイルのコンパイル開いているファイルをコンパイルする—編集するために現在開いているすべてのファイルをコンパイルします。
  • バージョンの違いバージョンの違い — ファイルでの、ストレージから取得した最新バージョンからの現在の変更を確認します。
  • 変更を元に戻す変更を元に戻す — ファイルのローカルコピーに加えられた変更を元に戻します。
  • ストレージログを表示するストレージログを表示するストレージログで、ファイル変更履歴を表示します。
  • 保存保存—現在のウィンドウに変更を保存します。 Ctrl キーを押しながら S キーを押すと、同じ操作を実行できます。
  • 閉じる—選択したタブを閉じます。 Ctrl キーを押しながら F4 キーを押すか、タブ名の中央のマウスボタンをクリックすると、同じ操作を実行できます。
  • すべて閉じる—現在のタブ以外をすべて閉じます。
  • 完全パスのコピー—編集した MQL4/MQL5プログラムファイルへのフルパスをクリップボードにコピーします。
  • フォルダを開く—現在のファイルを含むフォルダを開きます。

コード編集ウィンドウのコンテクストメニューは編集と、標準ツールバーコマンドを複製します。