MetaEditorヘルプ

トレーディングアプリケーションの開発に関する記事

トレーディングアプリケーションの開発に関する記事

MQL5.コミュニティウェブサイトにはMQL4/MQL5プログラミングに関する記事があり、数多くのライブラリを用いて、 アルゴリズムトレードを含む実用的なタスクの多くを補うので、当記事は、アプリケーションを作成するための優れたガイドとなります。 新しい記事は毎週公開されています。

利用可能なすべての記事のリストがMetaEditorに直接表示されます。 必要な記事を検索するには、オンライン検索を使用します。

MQL4/MQL5プログラミングに関する記事

初心者のおすすめ記事

MQL5への高速ダイブ

MQL5への高速ダイブ

MQL5トレーディングストラテジーのプログラミング言語を勉強しようとしているが、何も知らない場合はどうしたらいいでしょうか。 初心者の視点からMQL5とMetaTrader5について簡単な説明があります。 この記事では、言語の簡単な考え方だけでなく、MetaEditor5とターミナルでのヒントを見つけることができます。

MQL5: 独自のインジケーターを作成する

MQL5: 独自のインジケーターを作成する

インジケーターとは何でしょうか。 インジケーターとは、画面上に表示されるようにしたい計算値のまとまりです。 値のセットは、配列としてプログラムで表されます。 したがって、インジケーターの作成は、配列 (price 配列) を処理し、他の配列 (インジケーター値) への処理の結果を記録するアルゴリズムを記述することを意味します。 この記事では、実際の強度指数(True Strength Index)インジケーターの開発を例に、MQL5の記述について説明しています。

1つのインジケーターを別のインジケータに適用する

1つのインジケーターを別のインジケータに適用する

OnCalculate() 関数で、短い形式のインジケーターを記述する場合、インジケーターが価格データだけでなく、他のインジケーターのデータによっても計算できるという事実を見逃す可能性があります (組み込みまたはカスタムのいずれかに関係なく)。 他のインジケーターのデータに対する適切なアプリケーションのためにインジケーターを改善する予定がありますか? この記事では、このような変更に必要なすべての手順を確認し、そのようなインジケーターを正しく作成するための追加ルールを概説します。

MQL5におけるオブジェクトの作成と削除の順序

MQL5におけるオブジェクトの作成と削除の順序

各オブジェクトは、カスタムオブジェクト、動的配列、またはオブジェクトの配列であり、MQL5プログラムで独自の作成および削除関数を備えています。 オブジェクトは、多くの場合、他のオブジェクトの一部であり、初期化の時にオブジェクトの削除の順序は、特に重要になります。 この記事では、オブジェクトを操作するメカニズムを理解するための例を示します。

MQL5でのオブジェクトポインタの使用

MQL5でのオブジェクトポインタの使用

デフォルトでは、すべての MQL5オブジェクトは参照によって渡されますが、オブジェクトポインタを使用することも可能です。 これより、関数パラメータとして初期化されていないオブジェクトポインタが取得されることがあります。 この場合、プログラムの操作は、後続のアンロードと共に完了します。 自動的に作成されたオブジェクトは、通常、このようなエラーは発生しません。この点で非常に安全です。 この記事では、参照とポインタの差がポインタを使用するように正当化され、ポインタを適用する安全なコードを記述する方法を概説します。

MQL5でのトレードオペレーション-(簡単です)

MQL5でのトレードオペレーション-(簡単です)

多くのトレーダーは、資金を稼ぐために相場に入るが、トレーダーはまた、プロセス自体を楽しむこともあります。 しかし、エキサイティングな体験ができるのはマニュアルトレードだけではありません。 自動トレーディングシステムの開発も同じような体験ができます。 トレーディングロボットを作成すると、良いミステリー小説を読むように面白い体験ができます。

MetaTrader5 ターミナルのストラテジーテスタにおけるティック生成アルゴリズム

MetaTrader5 ターミナルのストラテジーテスタにおけるティック生成アルゴリズム

MetaTrader5 により内蔵ストラテジーテスタでExpert Advisors および、MQL5を利用した自動トレーディングをシミュレートすることができます。この手のシミュレーションは Expert Advisorsの検証と呼ばれ、マルチスレッド最適化を用い、同時に数多くのツールについて実装することができます。完全な検証には履歴をもとにティック生成が行われる必要があります。本稿ではアルゴリズムの詳細の記述をします。これより、ティックはMetaTrader5 クライアントターミナルで検証に対して作成されます。

EAにおける金銭管理の関数

EAにおける金銭管理の関数

トレーディング戦略の開発は、主に相場を出入りするためのパターンを検索するだけでなく、ポジションを維持することに焦点を当てています。 自動化されたトレードのルールにパターンを形式化することができれば、トレーダーはポジションのボリューム、マージンの大きさだけでなく、オープンポジションを確保するための資金の安全なレベルを維持する自動モードを計算する問題に直面します。 この記事では、MQL5を使用して、計算を行う簡単な例を説明します。

MQL5ウィザード: 新しいバージョン

MQL5ウィザード: 新しいバージョン

この記事では、MQL5ウィザードの新しいバージョンで実装された関数について説明します。 シグナルアーキテクチャの変更により、異なる相場モデルの組み合わせに基づいてトレーディングロボットを作成することができます。 具体的な例は、既製のエキスパートの対話型開発を分析するために使用されます。

MetaTrader5 のオーダー、ポジション、トレード

MetaTrader5 のオーダー、ポジション、トレード

MetaTrader5 トレーディングシステムの仕組みを理解することなく、堅牢なトレーディングロボットを作成することはできません。 クライアントターミナルは、トレードサーバーからのポジション、オーダー、トレードに関する情報を受け取ります。 MQL5を使用してこのデータを適切に処理するには、MQL5プログラムとクライアントターミナル間の相互作用を十分に理解している必要があります。

MetaTrader5のカスタムシンボルの作成とテスト

MetaTrader5のカスタムシンボルの作成とテスト

カスタムシンボルを作成すると、トレーディングシステムと金融相場分析の発展の境界を明らかにすることができます。 トレーダーらは、金融商品の無制限の数のチャートやテストのトレード戦略をプロットすることができます。

メタトレーダーのトレードイベント5

メタトレーダーのトレードイベント5

トレードアカウントの現状況を監視することは、オープンポジションやオーダーを管理することを意味します。トレードシグナルがシグナルを出す前、トレードシグナルはクライアントターミナルからトレードサーバーへリクエストとして送信される必要があります。トレードサーバーでは、リクエストは処理待ちとしてオーダーキューに入れられます。

MQL5におけるリソースの使用

MQL5におけるリソースの使用

MQL5プログラムは、ルーチンの計算を自動化するだけでなく、関数のグラフィカル環境を作成することもできます。 真にインタラクティブな管理を実現する関数は、従来のプログラミング言語と同じように、現在では実質的なものが豊富にあります。 MQL5で本格的なスタンドアロンプログラムを作成する場合は、リソースを使用します。 リソースを持つプログラムは、保守と配布が容易になります。

メタトレーダー5のテストの基礎

メタトレーダー5のテストの基礎

MetaTrader5 の3つのテストモードの違いは、特に何を表しているでしょうか。 EAのテストは、複数のツールで同時に、どのように行われるでしょうか。 テスト中に計算されるインジケーターの値と、イベントの処理メソッドを指定してください。 "始値のみ " モードでテスト実行中に、異なるツールから足を同期するにはどうすればよいでしょうか? この記事は、これ以外にも多くの質問への回答を提供することを目的としています。

トレードロボットがマーケットでパブリッシュする前に通過しなければならない確認事項

トレードロボットがマーケットでパブリッシュする前に通過しなければならない確認事項

すべてのプロダクトは、マーケットで公開される前に、品質基準を確保するために強制的な予備チェックを受ける必要があります。 この記事では、テクニンカルインジケーターやトレーディングロボットの開発者によって行われる最も頻繁なエラーについて検討します。 また、マーケットに送信する前に、プロダクトを自己テストする方法を示しています。

トレーディング戦略の迅速な開発とデバッグ

トレーディング戦略の迅速な開発とデバッグ

スキャルピング自動システムは当然のことながら、アルゴリズムトレードの頂点とみなされているが、同時に、そのコードは、最も書くことが困難です。 この記事では、組み込みのデバッグツールとビジュアルテストを使用して、受信ティックの分析に基づいて戦略を構築する方法について説明します。 多くの場合、エントリと決済のルールを開発するには、裁量トレードの経験年数が必要です。 しかし、メタトレーダー5の助けを借りて, 実際のヒストリーの中でそのような戦略をテストすることができます.