MetaEditorヘルプ

ストレージの接続

ストレージの接続

MQL5 ストレージを利用するには、MQL5.communityの正しいアカウントが必要です。

MetaEditor でストレージを有効にする

MQL5 ストレージの使用を開始するには、「MQL5ストレージの有効化 MQL5ストレージの有効化」コマンド(「ナビゲータ」ウィンドウのコンテキストメニュー)を使用します。MQL5.community アカウントを指定するウィンドウが開きます。

MQL5.community account

パスワードだけではなくログインも大文字小文字は区別されます。MQL5.communityのアカウントと正確に一致する必要があります。

もしアカウントを持っていない場合は、すばやくかつ簡単に登録できます。

アカウントは、MetaEditor のオプションに追加されます。

settings_mql5community

MQL5.community アカウントを指定すると、「ナビゲータ」ウィンドウのコンテキストメニューでストレージの利用をスタートできます。

MQL5.community におけるストレージの有効化

MQL5.community のユーザープロファイルにおいて MQL5 ストレージを有効にできます。アカウントプロファイルの Storage タブを選択します。

mqlcommunity_profile

そして、「Use MQL5 Storage」オプションをチェックします。パスワードを入力すると、あなたのプライベートリポジトリが生成されます。それは、あなたの MQL5.community アカウントでのみ利用可能です。サイトのストレージを有効にしたら、MetaEditor オプションで MQL5.community アカウントの詳細を入力してください。

リポジトリの内容はプロファイルから直接見ることができます。そのために、「View」をクリックします。認証のためにアカウントを指定すると、ストレージビューへジャンプします。

Viewing MQL5.community Storage

ここでストレージに格納されているすべてのファイルを見ることができます。上部は現在のリビジョン(Revision)を示しています。リビジョンは現時点のストレージの状態を示しています。更新を送信する度に、ストレージに新しいリビジョンが生成されます。