MetaEditorヘルプ

MQL5ストレージ

MQL5ストレージ

MQL5 ストレージは、パーソナル MQL4/MQL5 ソースコードリポジトリであり、ファイルのバージョン管理と簡易プロジェクト管理をMetaEditorから直接行うことを意図しています。MQL5 ストレージ利用の主な利点を示します。

  • ソースコードの安全な保管。ハードディスクに障害が発生した場合には、ストレージからコードのローカルコピーが迅速に復元できます。
  • 任意のコンピュータからもストレージにアクセス。任意のコンピュータから、MQL5.communityアカウントでMetaEditorにログインし、詳細とパーソナルストレージにアクセスします。
  • MQL5 ストレージの利用は、プロジェクトを使用してチームで MQL4/MQL5 アプリケーションをリモート開発が可能となります。

MQL5 ストレージはフリーのバージョン管理システムであるSubversion 1.7をサポートする任意の外部クライアントからも扱えます。このシステムについてもっと知りたい場合はspecialized bookを参照してください。