MetaEditorヘルプ

変更の表示

変更の表示

MetaEditorは、ストレージを介して作業したファイルへの変更解析のために幅広いツールを提供しています。

作業コピーと最新リビジョンとの比較

ローカルコピーファイルに加えた変更をサブミットする前に、表示し確認することができます。MetaEditorは、現在のファイルの状態と最後に同期したストレージデータ(ローカルファイルリビジョン)の状態とを比較します。

ファイルへの変更を表示するには、「ナビゲータ」ウィンドウでファイルを選択するか、またはファイルをコードエディターで開き、「Changes 変更」をコンテキストメニューで選択します。

選択したリビジョンと作業コピーとの比較

MetaEditorは、ファイルの任意のバージョンとカレント作業コピーとを比較できます。選択した期間の累積したファイルへのすべての変更を見ることができます。

ファイルを比較するため、そのストレージログを開き、コンテキストメニューのコマンド「Show logログを表示」を使用します。つぎに、比較するリビジョンを選択します。

File comparison

指定した変更リビジョンが表示された下部のファイルリストでファイルを選択し、「Compare with working copy作業コピーと比較」をクリックします。

前のリビジョンとの比較

エラーの原因を探索するとき、しばしば段階的な変更解析を行う必要があります。MetaEditorは、任意のリビジョンでファイルの前の状態と比較することができます。そうして、各リビジョンで加えられた変更を追跡することができます。

そのような比較のために、ファイルを選択してストレージログを開き、コンテキストメニューコマンド「Show logログを表示」を使用します。つぎに、比較するリビジョンを選択します。指定した変更リビジョンが表示された下部のファイルリストでファイルを選択し、「Compare with previous revision前のリビジョンとの比較」をクリックします。

2つのリビジョンを比較Comparing Two Revisions

ファイル間の違いをみるもう一つのツールは、ファイルの任意の2つのリビジョンを比較するものです。つまり、ある期間の累積したファイルへの変更を見ることができます。

そのような比較のために、ファイルを選択してストレージログを開き、コンテキストメニューコマンド「Show logログを表示」を使用します。つぎに、Ctrl キーを押しながらマウスの左ボタンで2つのリビジョンをクリックして選択します。ウィンドウの下部に両リビジョンで変更されたファイルリストが表示されます。目的のファイルを選択し、「Compare revisionsリビジョンを選択」をクリックします。

差分を表示ウィンドウ

このウィンドウは、上述したファイル比較のひとつを実行したときに表示されます。

Changes

ウィンドウの左側はファイルの古いバージョンを表示し、右側はファイルの新しいバージョンを表示します。変更された文字は行の背景色を用いて表示されます。

  • ファイルの新しいバージョンで変更された行は緑色で表示されます。
  • ファイルの新しいバージョンで追加された行は青色で表示されます。
  • ファイルの新しいバージョンで削除された行は赤色で表示されます。

ウィンドウの下部には選択した行のローカルリビジョンとカレントな作業コピーとの比較が見れます。

何かの理由でファイル比較が失敗したら、右上のコーナーにアイコンUnable to compare filesが表示され、比較が成功したら、アイコンFiles successfully comparedが表示されます。

ツールバー

次に示すコマンドがツールバーで利用可能です。

  • Open files to diff — 任意に選択した2つのファイルを比較します。
  • Update files— 差分を表示ウィンドウをリフレッシュします。差分を比較中にファイルを編集したときにこのコマンドを用います。
  • Go to previous diff— ファイル内の前の変更へ移動します。
  • Go to next diff— ファイル内のつぎの変更へ移動します。

2つのファイルを比較

作業コピーファイルへの変更をチェックするだけではなく、任意の2つのファイルを比較できます。ツールバーのOpen files to diffをクリックします。

Choosing files to compare

「Browse」ボタンを使用して比較する2つのファイルを「Base file」と「Their file」に指定します。そして「OK」をクリックします。