MetaTrader 5 build 2755: ポップアップ価格ウィンドウとデバッガーの改良

MetaTrader 5の何が新しくなったのか

15 1月 2021

ターミナル

  1. ポップアップ価格ウィンドウを改訂し、任意の画面サイズで金融銘柄の価格を表示できるようになりました。

    ウィンドウが複数列の表示をサポートするようになり、画面スペースを効率的に利用できるようになりました。表示モードを切り替えるには、ウィンドウのプロパティダイアログを使用します。


    このウィンドウのその他の改善点は次のとおりです。

    • 列選択メニューを追加しました。メニューには、気配値表示で使用できるのと同じ銘柄プロパティがあります。
    • 多数の金融商品の操作を最適化しました。ウィンドウのパフォーマンスは、10商品と1000商品で同等に高くなっています。
    • ツールチップに商品の簡単な情報の表示を追加しました。
    • 価格の上昇と下降を表示するための色設定の適用を修正しました。

  2. 合成板情報のティックチャートに取引の表示を追加しました。

    レベル2価格が提供されていない銘柄には、合成板情報が使用されます。この場合、レベルは、最良の買呼値と売呼値から開始して、価格変更ステップに等しい距離で自動的に構築されます。銘柄の最終取引価格と出来高データが提供されている場合、関連データがティックチャートに表示されるようになりました。情報は円で表示されます。

    • 赤い円は売り取引を示します。
    • 青い円は買い取引を示します。
    • 取引の方向が定義されていない場合、緑色の円が表示されます。

    円が大きいほど、取引高が大きくなります。



  3. オプションボードで「ギリシャ」指標の計算を修正しました。オプションの原資産の最終取引価格がゼロの場合、エラーが発生する可能性があります。
  4. 追加の取引サービスの提供を可能にする新しい「サブスクリプション」サービスの実装が継続されています。最近、依存サブスクリプションの表示を修正しました。このようなサブスクリプションは、バンドルされたサービスに使用されます。
  5. Wineでのプラットフォーム操作を改善しました。

MQL5

  1. マウスの右ボタンと中ボタンが離されたときにChartEventイベントを生成するようにしました。このイベントは、グラフィカルパネルを作成するときに利用できます。イベントを有効にするには、CHART_CONTEXT_MENUプロパティを使用してチャートのコンテキストメニューを無効にします。
  2. Sleep関数の待機時間に重大なエラーが発生するバグを修正しました。

MetaEditor

  1. デバッガーのグローバルアップデートを開始しました。観測式のウィンドウが大幅に改善されました。配列とオブジェクトのコンテンツをドロップダウンリストとして表示したり、ポインタ値を表示したりできるようになりました。



    配列またはオブジェクトを表示するには、観測ウィンドウでダブルクリックします。

  2. 一部のプロジェクトを開くときのフリーズを修正しました。

ドキュメントが更新されました。