MetaTrader 5 build 2615:ストラテジーテスターでのファンダメンタル分析と複雑な基準

MetaTrader 5の何が新しくなったのか

17 9月 2020

ターミナル

  1. ファンダメンタル分析機能を拡張しました。
    銘柄をより正確に分類するために、取引商品に新しいプロパティを追加しました。
    • Sector — エネルギー、金融、ヘルスケアなど、資産が属する経済部門
    • Industry — スポーツウェア、アクセサリ、自動車製造、レストラン業など、資産が属する産業タイプ
    • Country — 証券取引所で株が取引されている会社の国
    これらのプロパティに基づいて、銘柄を使用した効率的な操作を可能にする個別のシステムが気配値表示に実装されました。メニューからカテゴリを選択すると、利用可能なすべての商品がリストに追加され、詳細に分析できます。



    関連するプロパティが契約仕様に追加されました。



    さらに、取引銘柄の基本データをプラットフォームから直接開くことができるようになりました。気配値表示のコンテキストメニューに大手アグリゲータへのリンクが追加されました。



    拡張データの可用性はブローカーによって制御されますが、当社ではデフォルトで最大数の商品の詳細情報が利用できるようにしました。ブローカーがサーバを新しいバージョンに更新するとすぐに、適切な国、部門、業界のデータがプラットフォームに表示されるようになります。
  2. シグナルおよびマーケットショーケースを改善しました。左パネルにレンタルボタンとサブスクリプションボタンが追加されています。



    セクションの設計に関するさらなる改善を行いました。ボタンの色がより明るくなり、MQL5ログインボタンはより大きくなっています。

  3. ストップロスとテイクプロフィットチャートレベルの潜在的な利益/損失計算を修正しました。



  4. 合成商品の計算におけるエラーを修正しました。このエラーにより、起動時にプラットフォームがフリーズすることがありました。
  5. データウィンドウでの組み込みフラクタル指標値の表示を修正しました。
  6. HiDPIモニターに対応するように、プラットフォームツールバーのすべてのアイコンが更新されました。
  7. コピーされた取引シグナルのポジションボリューム調整を修正しました。誤って適用されたストップレベルが原因で調整操作が失敗し、「無効なストップ」エラーが発生する場合がありました。
  8. サーバーでの関連する変更後の価格履歴の再構築を最適化しました。
  9. チャートでの取引レベルのツールチップの表示を修正しました。場合によっては、取引レベルの表示が無効になっていても、ツールチップがチャートに表示されていました。
  10. [ツールボックス/取引]セクションでの注文とポジションのコンテキストメニューの[チャートで表示/自動アップデート]オプションを修正しました。このオプションをオフにすると、開いているすべてのチャートで取引履歴の表示が無効になります。

MQL5

  1. MathClassify関数を追加しました。この関数は、浮動小数点数の型を判別し、新しいENUM_FP_CLASS列挙からの値として結果を返します。
    ENUM_FP_CLASS  MathClassify(
       double  value      // real number
       );
    列挙には次の値が含まれます。
    • FP_SUBNORMAL — 表現可能な最小の正規数DBL_MIN(2.2250738585072014e-308)よりもゼロに近い非正規数
    • FP_NORMAL — 2.2250738585072014e-308~1.7976931348623158e+308の範囲にある正規数
    • FP_ZERO — 正または負のゼロ
    • FP_INFINITE — 適切な型で表すことができない数、正または負の無限大
    • FP_NAN - 数でない

    次のコードを使用して、浮動小数点数の有効性を確認します。
    if(MathClassify(value)>FP_ZERO)
      {
       Print("value is not a valid number");
      }
  2. SymbolInfoString関数を使用して取得できる銘柄プロパティを追加しました。

    • SYMBOL_COUNTRY — 証券取引所で株が取引されている会社の国
    • SYMBOL_SECTOR_NAME — エネルギー、金融、ヘルスケアなど、資産が属する経済部門
    • SYMBOL_INDUSTRY_NAME — スポーツウェア、アクセサリ、自動車製造、レストラン業など、資産が属する産業
    プロパティは文字列として返されます。

    商品が属する部門および業界は、列挙値として取得できます。これは、SymbolInfoInteger関数を使用して次のプロパティをリクエストすることで実行できます。
    • SYMBOL_SECTOR
    • SYMBOL_INDUSTRY

    これらのプロパティを操作するために、ENUM_SYMBOL_SECTORおよびENUM_SYMBOL_INDUSTRY列挙が追加されました。

  3. 新しいメモリ管理メカニズムがMQL5プログラムに実装されました。最大3倍のメモリ割り当てが可能になり、潜在的なメモリアクセスエラーが回避されます。
  4. History*関数を介したアカウントティック履歴による操作を最適化および加速しました。
  5. OnDeinitエントリポイントからのWebRequest呼び出しを修正しました。以前のバージョンでは、エキスパートアドバイザーが停止した場合の関数呼び出しを実装できませんでした。
  6. サービスからのWebRequest関数呼び出しを修正しました。以前は、サービスの再起動後に関数呼び出しが失敗することがありました。
  7. OpenCLを使用する場合のデバイスでのdouble型サポートに対するチェックを追加しました。float型は丸めが過度であるため、金融計算に使用できません。したがって、プラットフォームでは、計算に対して明示的にdouble型のサポートが必要です。double型がサポートされていない場合、適切なメッセージ(「device '<name>' does not support type 'double'」)がプラットフォームログに書き込まれます。以前は、このような場合に表示されるエラーメッセージは一般的なものでした。
  8. ACCOUNT_EQUITYおよびACCOUNT_BALANCEパラメータを使用したAccountInfoDouble関数の実行を大幅に高速化しました。
  9. ChartApplyTemplate関数を使用した、テンプレートのチャートへの適用を修正しました。
  10. CHART_BRING_TO_TOPパラメータを使用したChartSetInteger関数呼び出しを修正しました。
  11. 新しいConjugateメソッドが組み込みAlglibライブラリに追加されました。このメソッドにより、共役複素数の計算が可能になります。ライブラリはMQL5\Include\Math\Alglibにあります。
  12. コードプロファイラを完全に改訂しました。新しいプロファイラは、より高い精度と速度で動作します。
    • 分析は、プログラムのリリースバージョンのコンパイルと同様に最適化されたコードに基づいています。これにより、プログラムの実行中にまったく同じコードが使用されるため、コード実行速度をより正確な決定できます。
    • 新しいプロファイラは、「サンプリング」プロファイリング方式を使用します。この軽量で正確な方法では、コールスタックデータを収集して定期的にパフォーマンスを計算することにより、アプリケーションのパフォーマンス統計を収集します。
    • 以前のバージョンとは異なり、新しいプロファイラーは分析対象のコードに変更を加えません。以前に使用されたInstrumentation(計装)法では、関数の速度を測定するために使用された特定の作成物をコードに追加していました。これは、最終的なコード速度に影響を与える可能性があります。
    プロファイラの開発は継続され、今後のプラットフォームリリースでは、さらに改善が行われる予定です。

テスター

  1. MQL5クラウドネットワークでの操作を最適化しました。エージェントでのエキスパートアドバイザーの読み込みを修正しました。
  2. 新しい最適化基準「Complex Criterion max」を追加しました。これは、テストパス品質の不可欠かつ複雑な尺度です。複数のパラメータが測定されます。
    • 取引数
    • ドローダウン
    • 回収係数
    • 予想されるペイオフ
    • シャープレシオ

    1つのパラメータ(例: 利益)の最高値は、複雑な分析の観点からは常に最良の選択肢であるとは限りません。最良のパスは複雑な基準(まず取引数、次に期待されるペイオフ、回収係数など)によって徐々に選択されます。新しいオプションでは、すべてのパラメータに従って最適な最適化パスを受け取ることができます。さらに、最高の利益など、必要なパラメータに基づいて最適なパスを選択できます。

    ストラテジーテスターの設定で新しい基準を選択し、最適化を開始します。



    「Complex Criterion max」値は、最適化結果の別の[結果]タブに表示されます。パスはこの列で並び替えできます。新しい基準では、色分けによって最適なパスが視覚的に強調されます。20未満の値は赤で強調表示され、80を超える値は濃い緑色で表示されます。



  3. ストラテジーテスターでカスタム手数料の計算を修正しました。

MetaEditor

  1. スマートコード管理機能(IntelliSense)のグローバルな改訂を開始しました。
    • ヒントに、名前に加えて完全な関数シグネチャが表示されるようになりました。
    • ヒントのフォントがMetaEditor設定に従って設定されるようになりました。
    今後のプラットフォームリリースでは、さらに改善が行われる予定です。
ドキュメントを更新しました。