MetaQuotesがKYC/AMLリスク管理AIプラットフォームのSumsub社の600万ドル資金調達ラウンドを率いて、世界中のマネーロンダリングと詐欺に挑戦

MetaQuotes Software Corp.

10 9月 2020

Regtech SaaSプロバイダーのSumsub社(旧Sum&Substance)は、そのユーザーオンボーディングとKYC/AMLコンプライアンスのための機械学習プラットフォームの世界進出を加速するために、戦略的投資家のグループから600万ドルのシリーズA資金を調達した。

証券会社、銀行、ヘッジファンド、取引所向けの主要ソフトウェアプロバイダーであるMetaQuotes社(キプロス拠点)が率いるこのラウンドには、戦略的投資家のグループと、Telegram Messengerの副社長であるIlia Perekopsky氏を含む何人かの既存の投資家も含まれている。

効率的なAIを利用したID検証とコンプライアンスリスク管理ツールキットを提供することで、Sumsub社は企業が法人および個人のクライアントを評価する方法を根本的に変え、暗号を扱う方法にも影響を与えている。まず、ID検証が自動化されて60秒にまで加速し、コンバージョン率が最大97%向上する。複数の規制当局から認められ、銀行との連携の経験を持つ同社は、組織のAMLポリシーを自動化されたデジタルワークフローに変換し、コンプライアンス担当者に単一のリスク管理ソリューションを提供して、200以上の地域からのユーザーがオンボーディングされる。銀行業、フィンテック、トレーディング、ゲーム、共有経済からの同社クライアントは400を超えており、BlaBlaCar、JobToday、Exness、Gett、Flippa、HRS Group、ESL Gamingなどが含まれる。

MetaQuotes社はまた、Sumsub社の最初の投資家である初期段階のベンチャーファンドFlint Capitalの株式を5.5xで買い取った。

Sumsub社は収益をグローバルな拡大の推進、スタッフの雇用、製品開発の迅速化に使用し、2021年の初めまでに、世界中の500を超えるSMEおよびSMBの新規顧客にリーチすることを目指している。

Sumsub社のCEO兼共同創設者であるAndrew Sever氏は、次のように述べている。「世界中の何千ものグローバル企業が、ビジネスの管轄区域の数の多さに苦しんでいます。要件の違いや変動により、コンプライアンスやリスクの管理とスケーリングが非常に難しくなっています。当社は、単一のソリューションを顧客に提供し、一か所からのデューデリジェンスを強化し、管轄フローまたは要件に合わせてオンボーディングフローをカスタマイズすることで問題を解決します。最も重要なのは、法的およびコンプライアンスのフレームワークについてクライアントにコンサルティングを提供してサポートし、適用される法律に適合させることです。MetaQuotes社が当社の名高い既存の投資家グループに加わったことで、当社は現在の世界経済で最も有望なセグメントであるRegtechを揺るがすために、最高のストラテジストのグローバルなサポートを得ることができます。」

Sumsub社CEOおよび共同創設者、Andrew Sever氏

Sumsub社CEOおよび共同創設者、Andrew Sever氏

MetaQuotes社CEOであるRenat Fatkhullin氏は語る。「最初に、実用的な製品を探しているうちに潜在的なクライアントとしてSumsub社に出会いました。過去数年、ブローカーからMetaTrader内のコンプライアンスソリューションへの要望を受けており、Sumsub社に出会うまでに、すでに他の何十ものシステムを試したのですが、機能性と技術的実行の点で適しているものがありませんでした。Sumsub社は競合他社をはるかに上回っていました。それを見て、Sumsub社の活動に参加し、当社の専門知識でプロジェクトに付加価値をもたらす素晴らしい機会だと思いました。」

Sumsub社は、コンプライアンスをクライアントにとって柔軟にし、エンドユーザーにとって容易にする。規制レポートの自動生成や疑わしいプロファイルを手動で再確認するためのツールといった既存の機能についてでも、チャージバック防止などの新機能についてでも、同社は世界中のデジタル企業が直面するコンプライアンスと不正防止の課題を解決し続ける。

Sumsub社はイスラエルの3兄弟、Andrew/Jacob/Peter Sever氏および元ResearchGateのテクニカルアーキテクトであるVyacheslav Zholudev氏によって、2015年にロンドンで設立された。設立後数年間は法医学センターと協力し、オンライン詐欺に関連するインシデントの調査において警察とインテリジェントサービスを支援した。経済とフィンテックの共有における詐欺を調査し、規制当局、銀行、金融犯罪警察組織に助言および協力して、AML、データプライバシーコンプライアンスおよび不正防止に関する貴重な専門知識を蓄積した。

2017年12月には同社初のID検証およびコンプライアンス製品をリリースし、その後はトレーディング、支払い、共有経済およびゲーム業界で働く専門のコンプライアンスおよび詐欺対策チーム向けの使いやすい技術的および法的ソリューションに焦点を当ててきた。Sumsub社は400以上のクライアントを持っている。同社は、数千万のIDを検証し、何千ものデータ検証とAMLスクリーニングソースを統合し、ローカルおよびグローバルな規制の要件とクライアントの特定のニーズに合わせてフローをカスタマイズ可能にしている。現在、このソリューションは200を超える国と地域で利用可能で、生体認証と6500種類の身分証明書に対応している。