Orient FuturesシンガポールがMetaTrader 5に移行

MetaQuotes Software Corp.

4 9月 2020

高頻度トレーダーに取引所およびOTC市場取引を提供するシンガポールベースのOrient Futuresシンガポールが世界中のクライアントにMetaTrader 5プラットフォームの提供を始めた。MetaTrader 5は、現在当社が提供している成長しているプロの取引システムのスイートに追加される。

この動きにより、Orient Futuresは、世界で3番目に大きい外国為替ハブで最も活発な現地参加者の1つになった。特別なMetaTrader 5ブリッジを介した同社の流動性アグリゲータへの接続を含むMetaTrader 5サーバとエコシステムは、他のティア1FX流動性プロバイダの注文および 両建注文とEquinix SG1データセンターに戦略的に同じ環境で配置されている 。これにより、高速かつ低レイテンシの取引が可能になる。

SGXデリバティブのOTC FXとFX取引所取引の両方をエクイニクスSG1とSGXコロケーションデータセンター内だけではなく当データセンター間でもほぼゼロレイテンシで提供する金融機関にとって、この最新のプラットフォームの提供開始は、その製品スイートへの重要な補充となる。

Orient FuturesシンガポールのMarcus Goi氏

Orient FuturesシンガポールのMarcus Goi氏

「コンピューティングテクノロジーの飛躍的な進歩により、取引プラットフォームの機能は常に拡大しています。一方で、取引のグローバル化に伴い、クライアントはより知識が豊富になり、絶えずつながっているエコシステムで高度な機能を備えた取引システムを求め続けています。MetaTrader 5は、よりスマートに効率よく取引するための革新的なツールを備えており、多機能、マルチアセットの取引プラットフォームに対するクライアントのニーズに対応します。とりわけアルゴリズム取引を含むこのプラットフォームは、クライアントに金融イノベーションを提供し、可能性を与えて強化するという取り組みの一環として、当社にとって論理的な選択肢です。MetaTrader 5は、Orient Futuresシンガポールをオンライン取引の最前線に置き、クライアントが使用する技術的に高度な取引環境を備えています」と、Orient Futures Singaporeの最高経営責任者であるMarcus Goi氏は説明する。

ブローカー、ヘッジファンド、銀行向にMetaTrader 5をリクエストする