Android 版MetaTrader 5のヘルプ

一般的取引原理

プラットフォームの取引機能を学び始める前に、注文、約定、及びポジションといった基本的な用語を明確に理解しておく必要があります。

  • 注文
    注文とは証券会社に出された金融商品の売買の指示です。注文の種類には、主に成行注文と指値注文の2種類があります。更に、特別な 指値注文逆指値注文があります。
  • 約定
    約定とは有価証券の商業的な交換(売買)です。買いは買い気配値、売りは売り気配値で行われます。約定は、成行注文の実行や未決注文の発動によって発生します。注文実行は複数の約定につながることもあることを覚えておいてください。
  • ポジション
    ポジションとは取引の義務、つまり金融商品の買いまたは売りの契約です。ロングポジションとは、価格の上昇を期待して買われた有価証券です。ショートポジションとは、将来価格が下降することを期待して、有価証券を提供する義務です。

取引操作の一般的なスキーム

  • 指定されたパラメータとの約定を実行するために注文が取引プラットフォームから証券会社に送信されます。
  • サーバで、注文の有効性(価格等の正確性、口座資金の利用可能性)が確認されます。
  • チェックに合格した注文は取引サーバ上で処理されるのを待ちます。その後注文は
  • 実行される(ディーラーによって実行モードのいずれかで)
  • 失効に伴って取り消しされる
  • 拒否される(資金不足、マーケットで適切なオファーがない、ディーラー拒否)
  • トレーダによって拒否される
  • 約定とは成行注文の実行または指値注文の発動です。
  • 銘柄がポジションを持たない場合、約定の締結の結果としてポジションが開かれます。銘柄のポジションがある場合、約定はポジション数量の増加または減少、決済または逆転につながります。
取引操作のスキーム

取引操作のスキーム

2つの買い約定の結果、1つのネッティングポジションが得られました。

ポジション勘定

取引プラットフォームでは、ネッティングとヘッジの2つのポジション会計システムがサポートされています。使用されるシステムは口座によって違い、証券会社によって設定されます。

ネッティング勘定

このシステムを使用すると、銘柄は同時に1つの共通ポジションのみを持つことができます。

  • 銘柄の既存ポジションと同じ方向に取引を実行すると、このポジションの数量が増加します。
  • 反対方向の約定が実行されると、既存のポジションの金額が減少する場合、ポジションが決済される場合(約定ボリュームとポジションボリュームが等しい)、ポジションが反転される場合(反対方向の約定のボリュームが現在のポジションを上回る)があります。

反対方向の約定を引き起こしたのが何(成行注文の実行または指値注文の発動)であるのかは問題ではありません。

上の例は、2つのEURUSDの約定がそれぞれ0.5ロットの買いによることを示しています。

これらの2つの取引が執行された結果、1つの合計1ロットのポジションが開かれます。

ヘッジ勘定

このシステムでは、銘柄は、反対方向のポジションを含めて複数のポジションを持つことができます。

銘柄にポジションがある場合、新しい約定を実行する(または指値注文が発動される)と、新しいポジションが追加的に開かれます。今あるポジションは変わりません。

左の例は、2つのEURUSDの約定がそれぞれ0.5ロットの買いによることを示しています。

これらの2つの取引の実行の結果、2つの別々のポジションが開かれています。

選択されたシステムの影響

プラットフォーム機能の中にはポジション会計システムによって動作が異なるものがあります。

2つの買い約定の結果、2つの取引ポジションが得られました。

  • ネッティング勘定でポジションを決済するには、同じ銘柄と同じボリュームに対して反対方向の取引を実行します。
  • ヘッジ勘定でポジションを決済するには、そのポジションのコンテクストメニューで[ポジション決済]コマンドを明示的に選択します。
  • ヘッジ勘定ではポジションは反転することはできません。この場合、今あるポジションは決済され、残りのボリュームを持つ新しいポジションが開かれます。
  • ヘッジ勘定では、証拠金計算には新しい条件が使用可能です。これがヘッジ対象証拠金です。