Android 版MetaTrader 5のヘルプ

取引方法

金融市場での収益を得るための原則は「安く買って高く売る」ことです。MetaTrader 5モバイルプラットフォームAndroid版の主な目的は、売買操作を実行するためのより広い機会を提供することです。

[トレード]タブは取引口座、ポジション未決注文の現在状況についての情報を含みます。ここに移動するにはサイドパネルを開くをタップして、アプリケーションのサイドパネルを開き、それを使います。

新規注文を出すには新規注文をタップします。

口座の状況

取引口座の現在の状態は、画面の上部に表示されます。

取引方法

  • 損益通貨— 現在の取引ポジションと口座預金通貨の合計です。
  • 残高 — 現在開いているポジションの利益/損失を含まない口座残高です。
  • クレジット — 証券会社によってトレーダーにローンとして提供された資金の額です。
  • 保有資産 — トレーダの預金通貨で定義された、買い取引で購入した金融商品の現在の値です。その値は、流動資産証拠金率を考慮して、金融商品の直近取引価格に基づいて動的に決定されます。実際には、保有資産は、トレーダがロングポジションの即時決済の場合に受け取ることになる金額に相当します。このレートは為替市場で使用されます。
  • 負債 — 現在の市場価格でこれらのポジションの値として算出された現在のショートポジションの債務です。実際には、債務額は、トレーダがショートポジションの即時決済の場合に支払うことになる金額に相当します。
  • 手数料 — 日ごとまたは月ごとに蓄積された注文とポジションの手数料。(証券会社によって決定される)手数料支払い条件に応じて、手数料の予備的な計算は、日または月ごとに行われます。相当する保有資金額が口座で確保され、このフィールドに表示されます。手数料は日/月の終わりに最終的に計算され、対応する金額が残高操作として口座から請求されます([履歴]画面で別の約定として表示)。手数料が約定実行の際にすぐに支払われた場合、その値は[履歴]タブで約定の[手数料]フィールドに追加されます。
  • ブロック — (証券会社によって指定された)一定の取引条件の下では、同日に得られた利益は取引操作に利用できません(有効証拠金に含まれません)。このブロックされた履歴は[ブロック]フィールドに表示されます。取引日の終わりに、この利益はブロックされず、口座残高に入金されます。
  • 有効額 — 有効額は、バランス + クレジット - 手数料 +/- 浮動利益/損失 - ブロックとして計算されます。
  • 証拠金 — ポジションと未決注文の保持に必要な金額です。
  • 可能額 — ポジションの維持に使用できる資金額。これは有効証拠金(Equity) - 証拠金(Margin)として計算されます。株価は、売買条件(証券会社によって定義)に応じて、浮動利益、浮動損失、浮動利益及び損失を考慮する場合としない場合があります。
  • 証拠金率 — 口座の有効証拠金の証拠金量のパーセント(有効額 / 証拠金 *100)です。
  • 約定総額 — すべてのポジションの合計損益です。

 

ポジション/注文管理コマンド

取引コマンド

ポジションをすばやく変更または決済したり注文を出すには、行を右から左にスワイプします。これによってコマンドメニューが開きます。

ここには下記のコマンドがあります。

ポジション/注文の並び替え

現在のポジションと未決注文を並び替えるには並び替えをタップします。

取引操作は、銘柄、チケット、時刻、損益によって並べ替えることができます。選択したパラメータで逆ソートを行うには、もう一度タップします。

ポジションと注文の並び替えは別々に適用されます。

ポジションと未決注文の並び替え

ポジション

この部分には今あるポジションが表示されます。ここにデフォルトで表示されるのは、ポジションに関する簡単な情報のみです。詳細を表示するには、ポジションの列を1回タップします。

ポジション

  1. シンボル — ポジションの金融製品です。
  2. 種別 — ポジションタイプ。[買]はロングで[売]はショートです。
  3. 数量 — 取引操作の数量(ロットまたはユニット)。最小数量とその変更ステップはブローカー、最大数量は預金サイズで制限されています。
  4. 価格 — ポジションのオープンにつながった約定価格。ポジションが複数の取引の実行結果である場合は、このフィールドにはそれらの加重平均価格が表示されます(約定価格1* 取引量1+ ... + 約定価格 N * 取引量 N) / (取引量1+ ... + 取引量 N)。加重平均価格の四捨五入の精度は、銘柄価格の小数点以下桁数に3桁を加えたものに等しいです。
  5. 価格 — 金融商品の現行価格です。
  6. 利益 — このフィールドには現行価格を考慮した約定による損益が書かれています。正の結果は取引の収益性を示し、負は損失を示します。
  7. 時刻 — ポジションが開かれた時刻記録は YYYY.MM.DD HH:MM (年.月.日 時間:分)で示されます。
  8. コメント — ポジションのコメント。コメントはPC版MetaTrader 5プラットフォームから注文が出される ときのみに追加することができます。コメントは注文の変更時には変更できません。また、取引操作コメントは証券会社によって追加されることもあります。
  9. S/L(ストップロス) — 現在ポジションの決済逆指値です。注文が出されてない場合、ダッシュが表示されます。
  10. T/P(テイクプロフィット) — 現在ポジションの決済指値です。注文が出されてない場合、ダッシュが表示されます。
  11. スワップ — 支払われたスワップ額
  12. 手数料 — 取引操作の実行に支払われた手数料

オーダー

出された未決注文はこの部分で表示されます。ここにデフォルトで表示されるのは、注文に関する簡単な情報のみです。詳細を表示するには、注文の列を1回タップします。

注文

  1. 銘柄 — 指値注文の金融商品です。
  2. タイプ未決注文の種類で「売り逆指値」、「売り指値」、「買い逆指値」、「買い指値」、「買いストップリミット」または 「売りストップリミット」です。
  3. 数量 — 指値注文で要請された数量と約定で取り扱われる数量(ロットまたはユニット)です。
  4. 価格 — 未決注文のトリガ価格
  5. 状況 — 最終欄にはStarted[開始]、Placed[注文済み]などの未決注文の現在状況が表示されます。
  6. 時刻 — 未決注文が出された時刻で、YYYY.MM.DD HH:MM (年.月.日 時間:分)で示されます。
  7. コメント — 注文のコメント。コメントはPC版MetaTrader 5プラットフォームから注文が出される ときのみに追加することができます。コメントは注文の変更時には変更できません。また、取引操作コメントは証券会社によって追加されることもあります。
  8. 決済逆指値(S/L)逆指値注文の価格です。注文が出されてない場合、ダッシュが表示されます。
  9. 決済指値(T/P)指値注文の価格です。注文が出されてない場合、ダッシュが表示されます。
  10. 価格 — 金融商品の現行価格です。
  11. # — 指値注文のチケット番号(一意の識別子)

市場に近づくと、注文の背景は緑色になります。

コンテクストメニュー

コンテクストメニューは、ポジションや注文の詳細な情報を表示する場合にのみに表示することができます。ポジションや注文に関する情報を拡大するには、その行を一度タップします。コンテクストメニューを表示するには、その行を1秒間押し続けます。

ポジションコンテクストメニュー

  • ポジション決済ポジション決済に移動します
  • 新規注文— [トレード]画面を開きます。この場合、取引操作の銘柄と数量は、コンテクストメニューが呼び出される位置に応じて自動的に設定されます。
  • ポジション変更 — ポジションの逆指値及び指値を変更 します。

注文コンテクストメニュー

  • 注文変更注文変更ウィンドウを開きます。
  • 注文削除 — 注文取消に移動します。

メニューボタン

デバイスの[メニュー]ボタンは、次の追加コマンドを含むメニューを呼び出します。

  • 新規注文新規注文の発注に移動します。
  • シンボル — [気配値]画面に表示される銘柄のリストを構成します。
  • 口座取引口座を管理します。
  • メッセージプッシュ通知を表示します。
  • 設定 — MetaTrader 5 Android版の設定に移動します。
  • バージョン情報 — プログラムの詳細を表示します。