MetaEditorヘルプ

Pythonの操作

Python言語には機械学習、プロセスの自動化、およびデータ分析と視覚化のための多数のライブラリがあります。高度な言語の可能性は、Python統合モジュールを介してプラットフォームに適用できるようになりました。

  • 取引所データは、取引プラットフォームから簡単かつ迅速に取得し、Pythonツールを使用して分析できます。1つのコマンドで数十万の金融銘柄ティックをリクエストできます。
  • アカウントの取引状態と取引履歴を取得して統計を計算します
  • 独自のアルゴリズムに従って取引操作を実行します

Pythonスクリプトは、通常のMQL5プログラムと同様にプラットフォームチャート上で直接実行されます

MetaEditorは、Python開発用の特別な統合関数を備えています。空のスクリプトを作成するためのウィザード、エディターから直接実行する機能、メッセージとエラーの共通ログへの出力などです。

設定

開始するには、MetaEditor設定でPython実行可能ファイルへのパスを指定します。

Python実行可能ファイルへのパスを指定します。

Pythonがコンピューターにインストールされていない場合は、[インストール]をクリックしてインストールファイルをダウンロードします。

スクリプトの作成

MQL5ウィザードを開いて[Pyhtonスクリプト]を洗濯します。次に、スクリプト名を指定し、コードに含めるライブラリの依存関係を選択します。

Pythonスクリプトの作成

スクリプトはMQL5ウィザードを使用して作成して、必要なライブラリの依存関係をコードに即座に追加できます。

スクリプトの実行

スクリプトを実行するには、[コンパイル](F7)を押します。これにより取引プラットフォームが開き、スクリプトが現在のチャートで起動されます。Pythonコンソール(stdout、stderr)からのメッセージは、エラーセクションの下に表示されます。

エディターでのスクリプトの実行

MetaTrader 5ライブラリの使用を有効にするには、次のコマンドを使用してインストールします。

pip install MetaTrader5

Python統合の詳細については、関連ドキュメントをご覧ください。