MetaTrader 5 build 2860: WineとSQLの統合機能強化の改善

MetaTrader 5の何が新しくなったのか

26 3月 2021

ターミナル

  1. 追加のMQL5.communityサービスを有効/無効にする機能を追加しました。たとえば、MQL5プログラミング記事シグナルサービスのコピー取引機能に興味がない場合は、関連するセクションを無効にして、リソースと端末ワークスペースを最適化できます。


    すべてのサービスはデフォルトで有効になっています。

  2. macOSおよびLinuxのWineでのターミナル操作を大幅に最適化しました。
    • ドッキングされていないサービスウィンドウ(ナビゲーター、ツールボックス)をターミナルの境界を越えてドラッグできないようにしました。以前は、これによってウィンドウをターミナルにドラッグして戻すことが困難になる場合がありました。
    • ウィンドウのサイズを変更するときのサービスウィンドウの内容のサイズ変更を修正しました。
    • タスクマネージャーでのパフォーマンス指標の表示を修正しました。
    • ツールバーのアイコンの表示を改善しました。
    • チャットの未読メッセージカウンターを修正しました。
    • チャートシステムコマンドの表示を修正しました(非表示、展開、閉じる)。
    • ログ表示を修正しました。
    • チャートのツールチップの表示を修正しました。
    • チャートの印刷コマンドを修正しました。
    • Linuxスキン使用時のトップメニューの表示を修正しました。
    • MetaEditorでのGitHub、MSDN、Stack Overflowの検索を修正しました。

    すべてのユーザがWineを最新の安定バージョンに更新することをお勧めします。これにより、プラットフォームのパフォーマンスと信頼性が向上します。
  3. BORSAイスタンブールで取引する際の「MarketToLimit」注文のサポートを追加しました。このような注文は、最初は成行注文として実行されます。流動性が十分でない場合、残りのボリュームは最後の取引価格で指値注文としてオーダーブックに追加されます。
  4. ボラティリティチャートの表示を修正しました。オプションボードで選択された有効期限に従ってチャートが作成されるようになりました。
  5. クイック検索バーを介したいた情報への取引商品の追加を修正しました。銘柄名にスペースが含まれている場合、この銘柄はリストに追加されません。



MQL5

  1. SQLデータベースを操作するための可能性を拡張しました。クエリは、さまざまな統計関数と数学関数をサポートするようになりました。

    統計関数
    • モード
    • メディアン(50パーセンタイル)
    • percentile_25
    • percentile_75
    • percentile_90
    • percentile_95
    • percentile_99
    • stddev or stddev_samp — 標本標準偏差
    • stddev_pop — 母標準偏差
    • variance or var_samp — 標本分散
    • var_pop — 母分散

    数学関数



    select
      count(*) as book_count,
      cast(avg(parent) as integer) as mean,
      cast(median(parent) as integer) as median,
      mode(parent) as mode,
      percentile_90(parent) as p90,
      percentile_95(parent) as p95,
      percentile_99(parent) as p99
    from moz_bookmarks;
  2. 新しいマクロを追加しましつぁ。
    • __COUNTER__ — 呼び出しごとに1つずつ増加します。テンプレートとマクロで使用する場合は、個別のカウンターが提供されます。
    • __RANDOM__ — ランダムなulong数を生成します。 これは、MathRand関数と類似します。

  3. チャート銘柄が存在しない場合の同期チャートリクエストの動作を修正しました。関数は結果を無期限に待つのではなく、関連するエラーを返すようになりました。銘柄が存在しない状況は、異なる取引手段のセットを持つ取引口座を切り替えることによって引き起こされます。
  4. CopyTicks*関数を最適化して高速化しました。

MetaEditor

  1. 履歴データを使用したプロファイルデバッグの順序を変更しました。

    プロファイリングは常に非ビジュアルモードで実行されるようになりました。デフォルトのデバッグは、非ビジュアルモードでも実行されます。適切なオプションは、MetaEditor設定で手動で有効にできます。




  2. サービスをプロファイルする機能を追加しました。プロセスは他のMQL5プログラムと同様です。
  3. プロファイラーレポートでの関数名の表示を修正しました。特定の条件下では、名前を<unknown>として指定できます。

ドキュメントが更新されました。