MetaTrader 5ビルド1880 での合成銘柄の完全履歴

MetaQuotes Software Corp.

9 7月 2018

合成銘柄の価格履歴を利用可能なデータ全体での計算を追加しました。以前は、過去2ヶ月の履歴のみが計算されていました。より長い履歴は、明示的な要求(チャートを左にスクロールするまたは コピー関数を呼び出す)によって作成できました。

仕組み

数式で使用される各銘柄は、異なる長さの価格履歴を持つことがあるため、計算は最短期間で実行されます。たとえば、式で3つの金融商品が使用されるとします。

  • EURUSD(2009.01.01 以後)
  • USDJPY(2012.06.01 以後)
  • EURJPY(2014.06.01 以後)

この場合、合成銘柄の履歴は、2014.06.01から現在までで計算されます。計算の完全性を保証するために、この日から100分がさらに捨てられます。履歴で分足が利用できない場合は、前の分のバーが計算に使用されます。

Complete history of synthetic symbols in MetaTrader 5 build 1880

上記の例ではU.S. Dollar Indexの数式が使われています。

USDX = 50.14348112*pow(ask(EURUSD),-0.576)*pow(USDJPY,0.136)*pow(ask(GBPUSD),-0.119)*pow(USDCAD,0.091)*pow(USDSEK,0.042)*pow(USDCHF,0.036)

長期間の履歴が利用可能な場合、計算にはかなりの時間がかかります。直ちにチャートを見るために、過去2ヶ月の履歴が最初に計算されます。それより前の履歴がその後に生成されます。

新しいバージョンの取引プラットフォームの詳細については、MetaTrader 5 ビルド 1880に実装されている変更点の一覧をご覧ください。

更新されたMetaTrader 5をダウンロードしてその新しい合成銘柄機能をお試しください。