MetaTrader 5のヘルプ

取引プラットフォームの価格データ

取引プラットフォームでは、金融商品の3つの基本価格が使用されています。

  • bid(買値)は、トレーダーが金融商品を売ることができる最高価格で、金融銘柄を売ることができる最良の価格です。
  • Ask(売値)はトレーダーが金融商品を購入できる最低価格で、金融銘柄を買うことができる最良の価格です。
  • Last(直近)は、金融商品について実行された直近の取引の価格です。

金融銘柄は、取引所や店頭(OTC)市場で取引することができ、銘柄の相場やチャート作成の方法は市場によって異なります。

取引所市場とマーケットデプス

取引所市場における唯一の相場の元は、取引自体です。買い手と売り手は取引所で取引し、実行されたすべての取引の記録が保持されます。すべての市場参加者の注文は、単一のマーケットデプスを構成します。

取引所市場で取引される銘柄の市場参加者の実際の注文を特色とするマーケットデプスオプションは取引プラットフォームで利用可能です。BidとAskは最善の注文に基づいてマーケットデプスで形成されます(これらの価格は「板情報」ウィンドウに表示されます)。. また、取引所は、直近に実行された取引の価格と数量(LastとVolume)を提供します。直近価格は価格表を作成し、取引一覧テープを表示するために使用されます。</ t2>

取引所市場におけるマーケットデプス

銘柄チャートは直近価格に基づいていますが、トレーダーはBid及びAsk(市場で入手可能な実際の価格)で取引を実行します。

店頭市場

OTC市場の参加者は、銀行やプライムブローカレッジなどの大規模マーケットプレイヤーで、お互いに取引するネットワークを形成しています。銀行、経営会社、ヘッジファンドなどの中規模市場参加者は、大規模参加者につながります。市場参加者は、取引相手の価格を集計するか、取引相手の価格に基づいて独自の価格を設定し、これらの価格を顧客に提供します。

OTCマーケット取引では実際の取引に関するデータはなく、BidおよびAskストリームの相場のみが使用されます。チャートはBidに基づきます。

OTC金融商品のBidとAskを持つ板情報

店頭市場とマーケットデプス

以前のバリアントとは異なり、ブローカーは、マーケットデプスを表示することを可能にするBidおよびAskに加えて、トレーダーに数量に関する情報を提供します。取引所市場でのマーケットデプスが市場参加者のリミット注文で構成される一方、OTC市場でのデプスはブローカーの相場に基づいて形成されます。ブローカーは、売買量に応じて異なる価格を提供します。

OTC市場におけるマーケットデプス

取引所は取引に参加せず、実行された取引を記録しないので、このモードでは直近価格は使用できません。チャートはBidに基づきます。

価格表の形成

銘柄の相場(またはティック)に基づいて分足が形成されます。このバーは、1分間の価格特性のセットを表します。

  • 4つの価格:この分の安値と高値だけでなく、バーの始まりと終わり、すなわち始値と終値
  • 1分間に記録されたBidとAskの最小の差異であるスプレッド
  • バー形成中に受信したティック数を示すティックボリューム
  • すなわちバーの形成中に実行される実際の取引量(店頭市場では利用できない可能性がある)である数量
  • 日時、つまりこのバーが対応する分

分足は、店頭銘柄ではBid、取引所商品では直近価格に基づいています。

取引プラットフォームでの価格表は、分足に加えて、より大きな時間間隔で表示することができます。チャート上の1つのバーまたはローソク足に含まれる時間を時間枠といいます。プラットフォームは、1分間から1ヶ月間までの21の時間枠をサポートしています。

取引プラットフォームは分足のみを格納します。すべての上位時間枠は、これらのバーに基づいて作成されます。このアプローチは、すべての期間のデータの遵守を保証するだけでなく、トラフィックとディスクスペースを大幅に節約できます

5つの分足とそれに基づいた5分足