MetaTrader 5 build 2980: 取引操作のプッシュ通知

MetaTrader 5の何が新しくなったのか

18 6月 2021

ターミナル

  1. サーバからプッシュ通知を受信する機能が追加されました。ターミナルが閉じている場合でも、実行された取引操作が通知されます。



    以前のバージョンでは、モバイルデバイスでの通知は、トレーダーのデスクトップターミナルからのみ配信できました。取引操作の実行時に、ターミナルは設定で指定されたMetaQuotes IDに関連する通知を送信し、通知は実行中のターミナルからのみ送信できました。この要件が解除され、コンピュータの電源がオフのときにサーバでTPがトリガーされると、サーバからポジション決済に関する通知が届きます。

    サーバからの通知の受信を開始するには、次のことを行う必要があります。
    • サーバ通知はデモ口座では機能しないため、リアル口座を用意する
    • スマートフォンにiOS版またはAndroid版のMetaTrader 5をインストールする
    • モバイルターミナルで[メッセージ]セクションを開き、MetaQuotes IDを見つけて、デスクトップターミナルの設定で指定する
    • デスクトップターミナルの設定でサーバ通知を有効にする

    サーバ通知は証券会社によって有効にされる必要があります

    注文、取引、残高操作の3つの通知タイプがサポートされています。このオプションを有効にすると、使用可能な通知タイプがターミナルログに表示されます。
    '1222': subscribed to deals, orders, balance notifications from trade server

  2.  MetaTrader VPSショーケースをアップデートしました。VPSセクションがより便利になりました。
    • インターフェイスは任意の画面幅に適応する
    • ショーケースが垂直方向に占めるスペースが減り、ワークスペースに収まる
    • 必要な情報は必要な場合にのみ表示される支払いの詳細は、支払いプランを選択した後にのみ表示される



    ターミナル: ストラテジーテスターパネルで、MQL5サービスとツールボックスウィンドウにすばやく切り替えるためのコマンドを追加しました。コマンドは[概要]セクションにのみ表示され、他のタブではパネルを使用してテストを管理します。



  3. MQL5サービスのウィンドウ状態が保存されるようになりました。マーケットを開いたままでターミナルを閉じると、次にターミナルを起動したときに関連するウィンドウが開きます。
  4. MQL5アカウントの状態の定期的な同期を修正しました。エラーが原因で、特定の条件下でシグナルがコピーできない場合がありました。
  5. 推奨されるマーケット製品の選択の表示を修正しました。
  6. ナビゲータのシグナルコンテキストメニューを修正しました。メニューを使用して、購読しているシグナルを表示したり、シグナルを購読解除したりできます。

MQL5

  1. : 標準ライブラリ(MQL5\Include\Math\Alglib\complex.mqhファイル)の複素数の実装における「-」演算子エラーを修正しました。
  2. MQL5: 定数式だけでなく、初期化シーケンスで任意の式を使用できるようになりました。使いやすさとC++コードとの互換性が向上します。
    struct POINT
      {
       int x,y;
      };
    
    int GetYFunc(y)
      {
       return(y * y);
      }
    
    void SomeFunction(int x1,int x2,int y)
      {
       POINT pt={ x1+x2, GetYFunc(y) };
       ProcessPoint(pt);
      };
  3. 巨大なデータ配列を使用したunionのコンパイル中に発生したエラーを修正しました。
  4. StringToCharArray関数の動作を修正しました。最初の終了ヌル文字で停止するのではなく、渡された文字列全体をChar配列に変換するようになりました。
  5. 親クラスにデフォルトのコンストラクタがない場合に、クラス/構造体のコンストラクタ呼び出しが明示的に存在するための制御が追加されました。

MetaEditor

  1. プロファイラーレポートにインライン関数の呼び出し場所を表示するようになりました。
    以下の例では、func();呼び出しが次のように強調表示されます。




    func関数自体は、その完全なコードがOnStartに配置されているため、強調表示されていません。

  2. 空のプロジェクトを作成するようになりました。これは、デフォルトのテンプレートが適していない特定のファイル構造を持つ非標準の開発プロジェクトに役立つ機能です。




    この場合、空の設定ファイル「mqproj」が作成されます。ソースコードファイルは手動で作成する必要があります。

  3. MetaEditorのより高速な起動を実装しました。
  4. デバッグ中に観測された式のリストに表示されるデータを修正しました。特定の条件下では、リストに誤った変数値が表示される可能性があります。
  5. MQLウィザードを使用して作成されたPythonスクリプトファイルへの「.py」拡張子の自動追加を修正しました。

ドキュメントを更新しました。