MetaTrader 5プラットフォームビルド2650: バックグラウンドチャートの読み込みとコードプロファイラーの改善

MetaQuotes Software Corp.

19 10月 2020

最新のMetaTrader 5アップデートは新機能を備えており、ユーザーエクスペリエンスがさらに向上します。最も顕著な変更点を以下に示します。




ターミナル: 新しいデータダウンロードオプション

トラフィックを節約するために、銘柄の価格履歴は関連データが要求されたとき(例: 価格チャートが開かれたとき、テストが開始されたとき)にのみダウンロードされます。ただし、データがダウンロードされるのを待つことは、アクティブに使用される銘柄にとっては便利ではない場合があります。

新しい[Preload chart data for open positions and orders](ポジションと注文のチャートデータをプリロード)オプションを有効にすると、ポジションまたは指値注文がある銘柄のチャートは常にバックグラウンドモードで更新されます。銘柄チャートを開くと、関連データがすぐに分析に利用できるようになります。



コードプロファイラー: 新機能とインライン展開制御

更新されたプロファイラーを使用すると、自動売買ロボット開発者は各MQLプログラムセクションの実行時間を正確に決定できます。パフォーマンスデータは、効率的で高速に実行されるソリューションの作成に役立ちます。以前に使用されていたプロファイラーではプログラムが大幅に変更されたのに対照し、新しいバージョンでは、プロファイリングには変更されていない実行可能コードが使用されます。

プロファイラーは現在、サンプリング法を使用しています。MQLプログラムの実行はミリ秒ごとに中断され、その時点で実行されている関数部分が分析されています。分析は、コード実行時間の合計における各関数のシェアを反映します。

パフォーマンスメトリック(単位と割合):

  • 合計CPU — 関数が使用された頻度。
  • セルフCPU — 特定の関数の実行に使用されたプロセッサ時間。この変数は、MQLプログラムのボトルネックを特定する上で重要です。

もう1つの更新は、プロファイリング中の関数のインライン展開に関するものです。インライン展開(関数コードを呼び出しサイトに直接追加すること)を使用すると、プログラムのパフォーマンスを高速化できますが、関数のプロファイリングが困難になります。「純」関数に関するレポートが必要な場合は、インライン展開機能を無効にできるようになりました。


テスター: カスタム設定の改善

このアップデートでは、カスタム設定を使用するための改訂されたオプションが提供されています。たとえば、[Use custom settings](カスタム設定を使用)オプションを無効にすると、誤解を招く解釈を避けるために、ダイアログ内の他のすべての設定が無効になります。


カスタムコ手数料の計算が修正されました。パス全体ではなく銘柄名を指定すること手数料を有効にできるようになりました。また、このアップデートでは、タブの再配置やテーブルの列幅の最適化など、いくつかのマイナーなバグ修正とインターフェイスの改善が行われています。

MetaTrader 5をダウンロードする