iPhone/iPad版MetaTrader 5のヘルプ

蓄積/配信(Accumulation/Distribution)

蓄積/配信(Accumulation/Distribution)

Accumulation/Distribution(蓄積/配信)は、価格と数量の変化によって決定されます。数量は価格の変化時の重み付け係数として機能し、係数(数量)が高いほど、指標への(この期間の)価格変化の寄与は値に大きくなります。

実際、この指標は、より一般的に利用されるオンバランス数量の異種形態でもあります。これらはどちらも、それぞれの数量を測るための手段として、価格変化を確認する目的に使われます。

数量は上昇トレンドに大きく関係しているので、Accumulation/Distribution が大きくなるとき、買いが集まっていることを意味します。多くの売買が下降トレンドの間に行われるので、この指標が下がったとき、売りが集まっていることを意味します。

Accumulation/Distributionと価格のダイバージェンスは、後の価格変化の兆候を表します。一般に、上記のようなダイバージェンスの場合、指標が動いた方向に価格が動く傾向があります。そのため、もし指標が上がっているにもかかわらず価格が下がった場合、価格が変化することが予想されます。

蓄積/配信(Accumulation/Distribution)

計算

日中の数量の一定の割合が、現在の指標の蓄積値に加算もしくは減算されます。終値がその日の高値に近ければ近いほど、加算される値が大きくなります。その日の最低価格に終値が近いほど、差し引かれたシェアは大きくなります。終値が高値と安値のちょうど中心にあたるとき、指標の数量は変更されない状態となります。

A/D(i) =((CLOSE(i) - LOW(i)) - (HIGH(i) - CLOSE(i)) * VOLUME(i) / (HIGH(i) - LOW(i)) + A/D(i-1)

ここで

A/D(i) — Accumulation/Distributionの値、
CLOSE(i) — 終値、
LOW(i) — 安値、
HIGH(i) — 高値、
VOLUME(i) — 数量、
A/D(i-1) — 1つ前の足の Accumulation/Distributionの値です。