Android 版MetaTrader 5のヘルプ

OTP — ワンタイムパスワードを使っての認証

OTP(ワンタイムパスワード)を使用すると、取引口座の操作時に更なるセキュリティが追加されます。口座に接続するたびに固有のワンタイムパスワードを入力が必要になります。

  • OTPの使用は、取引サーバ上で有効にされます。
  • OTPの強制使用もまた取引サーバで有効にできます。

ワンタイムパスワードはiPhoneモバイルプラットフォーム 及び Androidモバイルプラットフォームで生成されます。

OTP を有効にする方法

ワンタイムパスワードを使用するには、パスワードジェネレータに取引口座を結合します。これはiPhoneとAndroidデバイス用のモバイルプラットフォームです。

モバイルプラットフォームの[口座]画面に移動します。ワンタイムパスワードジェネレータに移動します。セキュリティ上の理由から、最初にこのセクションが開かれた時に、4桁のパスワードを設定する必要があります。パスワードジェネレータにアクセスする時にはいつでもパスワードの入力が必要がです。

パスワードジェネレータのパスワードを忘れても同じモバイルデバイスを使用している場合は、モバイルプラットフォームを再インストールし、口座をジェネレータに再び結合してください。モバイルデバイスにアクセスできない場合は、パスワードジェネレータへの結合をリセットするためにご利用の証券会社に連絡してください。

OTPジェネレータにアクセスするためのパスワードを設定します。

表示されたウィンドウで[アカウントに結合する]を選択します。

OTPジェネレータに口座を結合します。

次に、取引口座が開かれたサーバの名前、口座番号とマスターパスワードを指定します。[結合]オプションが有効なままにします。ジェネレータから指定された口座の結合を解除してワンタイムパスワードの使用を停止する場合は、無効にします。

口座を別のパスワードジェネレータに再結合する場合は、以前使用したジェネレータからワンタイムパスワードを入力します。アクセス権がない場合(モバイルデバイスが紛失した場合など)は、証券会社に連絡してバインディングをリセットしてください。

ウィンドウの上部にある[結合]ボタンをタップすると、OTPジェネレータに取引口座を結合できます。適切なメッセージが後に表示されます。

OTPの使用

同様に、ジェネレータには口座を無制限に結合することができます。

ワンタイムパスワードは、OTPセクションの上部に表示されます。パスワードの有効期間は下部の青色のバーに表示されます。パスワードの有効期限が切れると新しいパスワードが生成されます。

追加コマンド:

  • パスワードの変更 - OTPジェネレータのパスワードを変更します。
  • 同期時刻 — 参照サーバとモバイルデバイスの時刻を同期します。精度要件は、OTPが現在の時間のために有効であり、その時間は、プラットフォーム及びサーバ側で同じでなければならないという事実と関係があります。

プラットフォームでのOTPの使用法

ワンタイムパスワードは、さらにMetatrader 5取引プラットフォームからの結合した口座への接続時に必要です。

OTPを使用した認証