MetaTrader 5のヘルプ

ボタン

このオブジェクトは、チャートの機能ボタンの配置に使用されます。 ボタンの処理は MQL5で書かれたプログラムによって行われます。このオブジェクトは、チャートウィンドウに固定され、チャートがスクロールされた時に移動しません。チャート内にオブジェクトを配置するには、それを選択して、チャートで必要な点を定義します。

ボタン

コントロール

このオブジェクトは、オブジェクトの辺や角の一方に位置するアンカーポイントを使用して移動されます。テキストは、オブジェクトプロパティの「共用」タブの「説明」フィールドで変更されます。

パラメータ

このオブジェクトのパラメータは下記の通りです。

パラメータ

  • X軸距離 — 時間軸に沿ってのチャートウィンドウのアンカーコーナーからオブジェクトの制御点までの距離(ピクセル単位)
  • Y 軸距離 — 価格軸に沿ってのチャートウィンドウのアンカーコーナーからオブジェクトの制御点までの距離(ピクセル単位)
  • — ボタンの幅(ピクセル単位)
  • 高さ — ボタンの高さ(ピクセル単位)
  • コーナー —X及びY軸に沿って設定される距離の原点となるチャートウィンドウの一隅
  • ステート — ボタンのステート(On または off)の選択このパラメータは MQL5 プログラムとの接続の実装を可能にします。プログラムは、ボタンの状態の変化を読み取ることができ、特定のプログラムコードを実装できます。
  • 背景 — ボタンの背景色
  • フォント —  オブジェクトのテキストフォントのタイプとサイズ

チャートでのボタンのステートの変更を可能にするには、オブジェクトプロパティの「選択を無効化」オプションが有効にされるべきです。

オブジェクトに共通なパラメータは別のセクションで説明されています。