MetaTrader 5のヘルプ

ビットマップラベル

このオブジェクトとビットマップはともにチャートにビットマップ( *.bmp)形式の画像を追加するのに使用されます。このオブジェクトは、チャートウィンドウに固定され、チャートがスクロールされた時に移動しません。ビットマップラベルは MQL5 プログラムで処理されるボタンとしても使用できます。

コントロール

このオブジェクトは、オブジェクトの左上の隅に位置するアンカーポイントを使用して移動されます。

パラメータ

このオブジェクトのパラメータは下記の通りです。

パラメータ

  • X軸距離 — 時間軸に沿ってのチャートウィンドウのアンカーコーナーからオブジェクトの制御点までの距離(ピクセル単位)
  • Y 軸距離 — 価格軸に沿ってのチャートウィンドウのアンカーコーナーからオブジェクトの制御点までの距離(ピクセル単位)
  • アンカー — アンカーポイントとなるオブジェクトの辺や角の1つ
  • コーナー —X及びY軸に沿って設定される距離の原点となるチャートウィンドウの一隅
  • ビットマップファイル (On) — ラベルがオンの時に表示されるファイルの選択。ビットマップファイルは取引プラットフォームの/MQL5/Images フォルダに配置されるべきです。オブジェクトがMQL5プログラムによって作成された場合、画像は変更出来ません。
  • ビットマップファイル (Off) — ラベルがオフの時に表示されるファイルの選択。ビットマップファイルは取引プラットフォームの/MQL5/Images フォルダに配置されるべきです。オブジェクトがMQL5プログラムによって作成された場合、画像は変更出来ません。
  • — オブジェクト幅(ピクセル単位)これは情報フィールドで、変更不可能です。
  • 高さ — オブジェクトの高さ(ピクセル単位)これは情報フィールドで、変更不可能です。
  • ステート — ラベルのステート(On または off)の選択このパラメータはMQL5プログラムとの接続の実装を可能にします。プログラムは、ラベルの状態の変化を読み取ることができ、特定のプログラムコードを実装できます。</t3>

チャートでのラベルのステートの変更を可能にするには、オブジェクトプロパティの「選択を無効化」オプションが有効にされるべきです。

オブジェクトに共通なパラメータは別のセクションで説明されています。