MetaTrader 5のヘルプ

ビットマップ

このオブジェクトはチャートにビットマップ(*.bmp)形式の画像を追加するのに使用されます。テキストオブジェクトは、チャートに固定され、チャートと共に移動します。

コントロール

このオブジェクトは、オブジェクトの左上の隅に位置するアンカーポイントを使用して移動されます。

パラメータ

このオブジェクトのパラメータは下記の通りです。

パラメータ

  • 日付/値 — オブジェクトの左上隅のアンカーポイントの座標(価格軸の日付/値)
  • ビットマップファイル — 使用される画像ファイル。ビットマップファイルは取引プラットフォームの/MQL5/Images フォルダに配置されるべきです。オブジェクトがMQL5プログラムによって作成された場合、画像は変更出来ません。
  • — オブジェクト幅(ピクセル単位)これは情報フィールドで、変更不可能です。
  • 高さ — オブジェクトの高さ(ピクセル単位)これは情報フィールドで、変更不可能です。

オブジェクトに共通なパラメータは別のセクションで説明されています。