MetaTrader 5のヘルプ

エリオット波動理論

エリオット波動理論は、よく知られているダウ理論の発展を表します。これは、任意の取引アセット、負債、または商品(株式、債務、石油、金など)に適用します。波理論は、会計士兼ビジネス専門家ラルフ・ネルソン・エリオットによって、1938年に公表された「The Wave Principle(波の原則)」と題される研究で提案されました。

退職後に深刻な病気が発見された後、エリオットは、市場の動きを理解することを期待して株式市場とそのチャートを観察し始めました。大規模な研究を行った後、彼は、市場が、大衆の主要な心理に基づいたいくつかの法律に従っていることを結論付けました。

エリオット波動理論は、人間の行動心理学の特定の周期的な法律に基づいていますエリオットによると、市場価格の挙動は明確に推定し、波(ここでは波は明示的な価格の動き)などのチャートに示すことが出来ます。エリオット波動理論は、市場は強気市場と弱気市場の2つの大きな段階にあることができると述べています。

エリオットは、また、市場の全ての価格変動は下記に分割されていると提案しています。

  • 主なトレンドの方向の5つの波(図1波1〜5)
  • 3つの修正波(図1波 A、B、C)

波は次のように分割されます。

  • 強気または弱気のトレンドを作成し、市場を積極的に変動させる推進波(図1波1、3、5、A、C)
  • トレンドに反した移動を特徴とする修正(ロールバック)(図1波2、4、B)
エリオット波動

図1

エリオットは、その波理論で、波の細分化の原則に基づいていました。これは、全ての波はより長い波の一部であり、より短い波に細分されていることを意味します(図2)。全ての波は3または5の波に細分されます。この細分化は、より長い波の方向に依存します。

図2でよく見られるように、エリオットの理論の主原則は、全ての推進波は5、全ての修正波は3のより短い波で構成されているということです。 例えば、図2の波1はトレンドを作成する推進波であるので、5つのより短い波で構成されています。

エリオットによると、最長のサイクルは、グランドスーパーサイクルと呼ばれ、8つのスーパーサイクル波で構成されています後者は、また、各自8サイクルから構成されています。例えば図2には3つの基本的なサイクルが表示されています。推進波とその後の修正波が比例していることが簡単に分かります。衝動波が強いほど修正波も強く、その逆も同じです。

エリオット波動理論は波の開始または終了点の明確な定義が常に存在しないために批判されています。修正波はこの点で特に困難です。

エリオット波動理論とフィボナッチ係数

フィボナッチ係数は、エリオット波動理論のための数学的基礎を提供します。フィボナッチ係数は、エリオット波動で説明された完全な市場サイクルの構築に重要な役割を果たしています。エリオットに定義されたサイクルのそれぞれは、フィボナッチ数列に収まる総波数で構成されています。

図2を精査すると、市場の完全なサイクルは2つの大波、8つの中波、及び34の小波で構成されていることに気づきます。似たように、弱気市場では、弱気のグランドスーパーサイクルが1つの大波、5つの中波、及び21の小波で構成されていることが分かります。この細分化を続行した場合、その結果として89のより小さい波を観察することができるようになります。

強気のグランドスーパーサイクルはそれぞれ、1つの大波、3つの中波と13の小波で構成されています。次のサブレベルでは、55の非常に小さな波があります。

エリオット波動

図2

一定の方向の運動は、フィボナッチ数列との一致点に到達するまで継続するという原理は通常エリオット波動理論で使用されています。

例えば、トレンドが変化しない時間が3日を超えた場合、逆転は5日目が始まるまでには起こらないはずです。似たように、5日間変化しなかったトレンドは、8 日間まで続くはずです。9 日間続いたトレンドは13 日目が始まるまで反転しないはず、などです。トレンドの動きを計算するこの基本的なパターンは、時間、日、週、または月単位のデータに同様に適用されます。しかし、これは単なる「理想的なモデル」であり、価格の行動が非常に明確かつ予測可能になると期待することは出来ません。エリオットは、偏差は時間と振幅の両方で発生する可能性があり、ほとんどの波がこれらの正規形で開発しないであろうと指摘しました。

波の特徴

エリオット波動理論内の計算は、ロードマップに似ています。全ての波が特徴のセットを持っています。これらの特性は、市場行動配列に基づいています。

エリオット波動理論では、特別な注意が各波の個々の記述に支払われます。また、エリオット波の比例形成するために使用される特定の法律があります(下の表)。これらの法律は、波がどこで始まりどのくらいの長いかの適切な定義を可能にします。波の長さは、対応する波の高から低に測定されます。

波の間の古典的な関係

1

-

2

波1の長さの 0.382、0.5 または 0.618

3

波1の長さの1.618 または2.618

4

波1の長さの 0.382 または 0.5

5

波1の長さの 0.382、0.5 または 0,618

A

波1の長さの 0.382、0.5 または 0,618

B

波Aの長さの 0.382 または 0.5

C

波Aの長さの1.618、0.618 または 0.5

上記の波の間の古典的な関係は、10 %のエラーバーを持って現実であることが確認されています。このエラーは、複数の技術的または基本的な要因の短期的な影響を通じて説明することができます。全体的に言って、データはむしろ相対的です。重要なのは、全ての波の間の全ての関係が 0.382、0.50、0.618、1.618の値で表せるということです。これを利用して、波の高さと長さとの関係を計算することができます。それぞれの波の特性を考えてみましょう。

  • 波1
    「市場心理」が実質的に弱気である場合に発生します。ニュースはまだネガティブです。原則として、それは飛躍(弱気トレンドから強気トレンドへの反転、抵抗レベルへの浸透など)を表す場合、非常に強いです。静けさの状態では、通常、一般的な揺れの背景に些細な価格の変動が示されています。
  • 波2
    市場が急速に最近、やっと手に入れた収益性の高いポジションからのロールバックを行う際に発生します。波1のほぼ100%にロールバック出来ますが、開始レベル以下にはなりません。通常、波1の60% ほどで、利益修正を好む投資家の量の増加に発展します。
  • 波 3
    これが、エリオットの信者がために生きるものです。投資家の楽観主義の急速な増加が観察されます。これが、価格が加速され、数量が増加する上昇の最強かつ最長(それが最短になることはありません)の波です。典型的な波3は波1と比べて少なくとも波1の1.618倍長いです。
  • 波 4
    識別がしばしば困難です。通常、これは波3のせいぜい38% ロールバックします。その深さと長さは、通常はあまり重要ではありません。楽観ムードが依然として市場を支配します。5波サイクルが終了三角形の一部になるまで、波4と波2は重複しません。
  • 波5
    多くの場合、運動量相違を使用して識別されます。価格は中くらいの取引高で増加します。波は大規模な手数料の背景に形成されています。多くの場合、波の終わりで取引高が急激に上昇します。
  • 波 A
    多くの投資家が、上昇がまだ鋭いカムバックをすると考えます。しかし、一部の投資家がその逆を確信します。この波の特性は非常に頻繁に波1のものと同一です。
  • 波 B
    多くの場合、波4に非常に似ていて特定することは非常に困難です。楽観の休符に些細な上向きの動きを示します。
  • 波 C
    新しい、下降トレンドの開始が一般的に信じられている背景発生する強い下降の波。一方で、一部の投資家は慎重に買いを開始します。この波は高運動量(5波)と波3の1.618倍に当たる長さを特徴とします。

残念ながら、エリオット波動は「古い」市場でよく観察されますが、将来のためにはむしろ、かすみがちです。これが、エリオット波動理論の実用化が困難であることが多く、特別な知識を必要とする理由です。