MetaTrader 5プラットフォーム更新ビルド1045:新しいWebRequest

MetaTrader 5の何が新しくなったのか

16 1月 2015

取引ターミナル

  1. MetaTrader 5プラットフォームでの仮想ホスティングサポートの準備:仮想ホスティングサービスでは、MetaTrader 5から直接、中断することなく24時間稼働する端末をレンタルすることができます。その主要機能の1つは、ブローカーのサーバーに最も近いサーバーを選択してネットワーク待ち時間を最短にすることです。




  2. テスターエージェントは64ビットシステムでのみ動作するようになりました。この決定は、IT業界の発展に従う必要があることによって推進されました。新しいテクノロジーに切り替えることで、コンピューティングパフォーマンスが向上し、MQL5クラウドネットワークのさらなる開発が可能になります。



    プラットフォームコンポーネントの変更:

    • 遠隔エージェントとMQL5クラウドネットワークエージェントは、32ビット端末では使用できなくなりました。エージェントリストの代わりに、「64ビットバージョンのみで利用可能です」というメッセージが表示されます。
    • MetaTester 5エージェントマネージャは64ビット版でのみ利用可能で、エージェントは64ビットシステムにのみにインストールすることができます。


  3. 端末設定で言語リストが手動で指定されている場合の言語別のニュースフィルタリングが修正されました。
  4. 多数の注文との作業を最適化しました。
  5. 取引リクエストの送信を高速化しました。
  6. インターフェースを、フルHD以上の高解像度画面に適応しました。

MQL5言語

  1. 新しい形のWebRequest関数を追加しました。
    int WebRequest (string method, string url,string headers,int timeout, const char &data[], int data_size,char &result[], string &result_headers)
    この関数を使用すると、さまざまなWebサービスとやりとりするためのより柔軟なメカニズムを提供する、HTTP要求ヘッダーの内容を明示的に作成できます。

  2. 新しい取引アカウントのプロパティを追加しました。これらのプロパティはAccountInfoDouble関数を通して使用できます。

    • ACCOUNT_MARGIN_INITIAL - 口座の現在の当初証拠金
    • ACCOUNT_MARGIN_MAINTENANCE - 口座の現在の維持証拠金
    • ACCOUNT_ASSETS - 口座の現在の資産
    • ACCOUNT_LIABILITIES - 口座の現在の負債
    • ACCOUNT_COMMISSION_BLOCKED - ブロックされている口座の現在の手数料

  3. 新しい取引銘柄プロパティを追加しました。

    • SYMBOL_OPTION_STRIKE - オプション契約の行使価格。このプロパティはSymbolInfoDouble関数で受け取られます。
    • SYMBOL_BASIS - 取引銘柄の原資産名。このプロパティはSymbolInfoString関数で受け取られます。
    • SYMBOL_OPTION_MODE - オプションモード。値はENUM_SYMBOL_OPTION_MODE列挙を使用して設定されます。 
    • SYMBOL_OPTION_RIGHT - オプションライト。値はENUM_SYMBOL_OPTION_RIGHT列挙を使用して設定されます。このプロパティはSymbolInfoInteger関数で受け取られます。

  4. SymbolInfoMarginRate関数を追加しました。これは、取引注文の種類と方向に応じて当初証拠金および維持証拠金の比率を受け取ります。
  5. ストラテジーテスターでのChartIndicatorName関数の操作を修正しました。
  6. ##を使用した名前置換を含むマクロのコンパイルを修正しました。
  7. 新しいファイルを開くときに発生するファイル終わりの指標のリセットエラーを修正しました。

クラッシュログで報告されたエラーが修正されました。

ドキュメントを更新しました。

更新はLiveUpdateシステムを介して利用できるようになります。