MetaTrader 5ビルド2815: タスクマネージャー、PythonAPIを介したデータアクセスおよびその他のアップデート

MetaQuotes

3 3月 2021

MetaTrader 5 build 2815

重要なアップデートの1つは、Python APIを介して板情報データにアクセスできるようになり、計算と機械学習の可能性が高まったことです。

以下の機能を追加しました。

  • market_book_add — 指定された銘柄の板情報の変化に関連するイベントを受信するためにMetaTrader5ターミナルをサブスクライブします。
  • market_book_get — 指定された銘柄の板情報レコードを含むタプルをBookInfoから返します。
  • market_book_release — 指定された銘柄の板情報の変更に関連するイベントへのMetaTrader5ターミナルサブスクリプションをキャンセルします。

プッシュメッセージの最大長が256文字から1024文字に増加し、モバイルデバイス上のMQL5プログラムからより多くの情報を送信できるようになりました。

このアップデートはタスクマネージャーの暫定バージョンを備えており、F2キーを押すことで呼び出すことができます。チャートによって消費されたメモリの量、エキスパートアドバイザーによって使用されたCPUリソース、およびその他のパフォーマンス指標をモニターできます。プラットフォームのパフォーマンスが低下した場合、問題を簡単に検出して修正できます。

タスクマネージャを使用すると、プラットフォームで消費されるリソースを監視できます

サブスクリプションサービスでは、相場提示が遅れている銘柄に特別な表示が追加されました。気配値表示の銘柄は時計アイコンでマークされ、データ遅延通知がチャートに表示されます。

詳細はリリースノートでご覧ください。

アップデートはLive Updateシステムを介して利用できるようになります。下のボタンをクリックすると、最新バージョンを手動でダウンロードできます。

最新のMetaTrader 5をダウンロードする