MetaTrader 5がパキスタン取引所PMEXでオールインワンの中核に

MetaQuotes

21 12月 2020

2021年の初めまでに、PMEXは以前に使用されていた独自のコアからMetaTrader5に完全に切り替わる。フロントエンド取引ソリューションとして使用されていたMetaTrader5プラットフォームによって、バックオフィス全体がネイティブに動作することになる。PMEX取引所全体のMetaTrader5ベースの操作は、プラットフォーム組み込みの電子通信ネットワーク(ECN)機能を介して実装される。

すべての取引所操作はサードパーティのソリューションなしで、MetaTrader 5プラットフォームを介して直接実行され、トレーダー、ブローカー、マーケットメーカーを含むすべての取引所参加者がこれを使用する。MetaQuotesパキスタンオフィスの責任者Hamad Shahは、切り替え前の50%と比較して、PMEXの取引量の100%がMetaTrader5ターミナルを介して実行されていると述べている。

この統合により、PMEXは、古い取引施設を高度で信頼性の高いシステムに置き換えること、AからZまでのすべての取引所プロセスを完全に自動化すること、生産性を高めながら運用コストを削減することの3つの主要な目標を達成することができた。

MetaTrader 5がパキスタン取引所PMEXでオールインワンの中核に

MetaTrader 5がPMEXのオールインワンの中核に:

  • 個別の相場ソリューション、個別のマッチングシステム、クライアント取引アプリケーション、EODプロセス専用のアドオン、追加のPnL計算、必要な証拠金チェックとストップアウト手順を実装するリスク管理ソリューションの必要性をなくし、全機能をMetaTrader5によって提供
  • データ管理とレポート作成のために複雑なOracleデータベースを手動で処理する必要性をなくす
  • 200台の仮想マシンが単一のオールインワンプラットフォームに

取引所の中核的ロールは、当初、設計の初期段階でMetaTrader5プラットフォームアーキテクチャによって提供されていた。プラットフォームは、RAMにリアルタイムの更新データを保存する高性能の独自のMetaQuotesデータベースを使用する。また、最新の64ビットプロセッサの計算力と分散クラスタアーキテクチャを利用することで、何百万もの取引所トランザクションを即座に処理できる。プラットフォームの重要な目的の1つは、すべてのトレーダーに可能な限り最小の応答時間と同等の条件を保証することである。 

その他のPMEX計画には次のものが含まれる。

  • MetaTrader5を主要な取引ソリューションとして提供する規制された取引所で取引するためにパキスタンのより多くの投資家に手を差し伸べる
  • 1日の終わりの手続き時間を大幅に短縮して営業時間を延長 - 以前に使用されていた取引施設がEODバックオフィス活動を完了するのに3時間かかった一方、MetaTrader 5では、この時間は10秒に短縮される
  • MetaQuotesのFinteza分析をさらに統合して、ビジネスアクティビティを増やし、より多くのマーケットメーカーやブローカーを引き付ける

パキスタン商品取引所(PMEX)は、パキスタン証券取引委員会(SECP)によって認可および規制されている、国内初で唯一の株式会社型の商品先物取引所である。PMEXは、洗練された多次元インフラストラクチャと最先端のテクノロジーに基づいて、取引、清算、決済、保管、バックオフィスを含む完全なサービススイートを提供している。これらはすべてMetaTrader5を介して管理される。

組み込みのECNを備えたMetaTrader5交換プラットフォームのプレゼンテーションをリクエストする