MetaTrader 5でのSum&SubstanceトレーダーKYC検証

MetaQuotes Software Corp.

16 12月 2019

取引プラットフォームのSum&Substance KYCサービス統合を使用すると、クライアントの個人データと書類をワンクリックで検証できます。この新しい機能により、MetaTrader 5ブローカーのクライアントオンボーディング手順がさらに自動化され、手動操作が最小限に抑えられます。フォームや書類の送信から口座認証までのデータ確認プロセスには、平均で約2分かかります。

  1. トレーダーは、デスクトップまたはモバイル端末から予備口座をリクエストし、登録フォームに記入して書類をアップロードします。
  2. サーバに割り当てられた予備口座は、クライアントレコードにリンクされます。口座の詳細と書類はレコードにコピーされます。
  3. データと書類は、KYCプロバイダのシステムに自動的に転送されます。書類確認結果に基づいてステータスが確認済みまたは拒否済みに設定されます。

確認後、トレーダーの予備口座は実際のグループに移動します。クライアントは入金し、取引を開始できます。

MetaTrader 5でのSum&SubstanceトレーダーKYC検証

KYCプロバイダは、コンピュータビジョン、AI、機械学習などの最も高度な技術を使用してユーザデータを検証するため、本人確認がほぼ瞬時に完了します。高度なデータ保護を確保するために、Sum&Substanceは暗号化モニタリングと安全な通信チャネルを介したデータ送信を使用します。

Sum&SubstanceはGDPR準拠のサービスを提供し、ユーザ情報の安全な保管に必要なインフラストラクチャを確保しています。

Sum&Substanceについて

Sum&Substanceは、KYC/KYB/AMLのニーズに対応するためのオールインワンの技術的および法的ツールキットを提供しています。より多くの顧客を変換し、検証プロセスを高速化し、コストを削減し、デジタル詐欺を検出するための単一の強力なプラットフォームです。  

200を超える国とトップマーケットテクノロジーをグローバルに網羅し、法的専門知識と組み合わせることで、企業は世界中の金融要件(FCA、CySec、MAS、FINMA、BAFINなど)を満たし、新しい地域に拡大することができます。

Sum&Substanceのクライアントには、Exness、WebPay、FXOpen、Maxi Partners、Bank Dobrobyt、BlaBlaCar、Gett、ESL Gaming、JobToday、Wheely、Vk.com、Yandex、Dectaなどが含まれます。