Admiral MarketsがMetaTrader 5で豪州優良株と東京取引所の証券を提供

MetaQuotes Software Corp.

31 10月 2019

国際証券会社のAdmiral Marketsがその商品リストに2つの太平洋市場を追加した。オーストラリア証券取引所と東京証券取引所で取引可能な人気のある株式がAdmiral.Invest口座で利用できるようになった。

新製品には、以下を備えた151 ASX200株が含まれる。

  • オーストラリア最大の銀行 — コモンウェルス銀行、オーストラリア国立銀行、オーストラリアおよびニュージーランド銀行、ウエストパック

  • オーストラリアのトップテレコム企業 — Telstra、TPG Telecom、Vocus Group

  • 大手鉱業会社— BHP Group、Alumina、South32、Fortescue Metals

  • 最大の産業企業 — Transurban Group、シドニー空港、Brambles Ltd

また、Admiral Marketsでは、以下を含む東京証券取引所の195株を提供している。

  • 日本のトップ家電メーカー — パナソニック、カシオ、ソニー

  • 日本の大手自動車メーカー — 日産、三菱、トヨタ

  • コミュニケーションリーダー — ソフトバンクグループ、KDDI、日本電信電話

Admiral MarketsのJens Chrzanowski氏

Admiral MarketsのJens Chrzanowski氏

Global Admiral Markets ASグループ経営委員会メンバーJens Chrzanowski氏は、この拡大について次のようにコメントしている。「弊社は、トレーダーと投資家の皆さんに、コンピューターや携帯電話から、何千もの世界市場に投資する機会を提供しています。アジア太平洋地域に拡大することにより、これらの人気のある市場に関心のあるMetaTrader 5ユーザー、および欧州と米国の取引セッションが終了した後に取引を希望するお客様により多くの投資機会を提供できます。これは、当社のお客様が単一のブローカーで世界中の取引を行えるようにするという戦略目標を達成するためのもう1つのステップです。」