新しい MetaTrader 5 プラットフォームビルド1495:カスタムグラフィックを扱うためのMQL5の改良

MetaTrader 5の何が新しくなったのか

9 12月 2016

MQL5

  1. MQL5: CopyTicksRange 関数が追加されました。
  2. MQL5:CCanvasクラスに改良されたアンチエイリアス関数が追加されました。
  3. MQL5:MQL5リファレンスにグラフィカルライブラリの説明が追加されました。このライブラリは、価格チャート上でヒストグラム、分布グラフ、折れ線グラフを手早く作成することができます。
  4. MQL5:クライアントターミナルプロパティの定数リストにシステムキーの状態を表す識別子が追加されました。TerminalInfoInteger(TERMINAL_KEYSTATE_XXX)の呼び出しは、MSDNのGetKeyState()関数と同じキーの状態コードを返します。
  5. MQL5:string型のboolへのキャストのサポートを無効にしました。文字列をチェックするには、明示的な条件を使用する必要があります。たとえば、新しいビルドでは、次のコードをコンパイルするとエラーになります。
    string str;
    ...
    if(str)                        // 「Cannot convert type 'string' to 'bool(string型はboolに変換できません)」コンパイルエラーが発生する(以前のバージョンではエラーは表示されない)
       Print("str is true");
    明示的な条件の使用が必要です。
    string str;
    ...
    
    //--- 文字列が初期化されているかを確認する
    if(str!=NULL)
       Print("str is true");
    
    または
    
    //--- 文字列の値が「true」かどうかを確認する
    if(StringCompare(str,"true",false))
       Print("str is true");
    
    または
    
    //--- 文字列が整数でゼロと等しいかどうかを確認する「true」かどうかを確認する
    if((int)str!=0)
       Print("str is true");
  6. クラッシュログで修正されたエラーが修正されました。