MetaTrader 5のヘルプ

サーバの登録

バーチャルプラットフォームを受け取るには、適切な取引アカウントを使って接続し、ナビゲーターウィンドウのコンテキストウィンドウを開けて「バーチャルサーバを登録バーチャルサーバを登録」コマンドを使用します。

ビデオを観る:バーチャルプラットフォームのレンタル

ビデオを観る:バーチャルプラットフォームのレンタル

取引プラットフォームから直接バーチャルホスティングを借りるのに役立つ詳細の説明。それは簡単です。ロボットとシグナルを1日24時間実行するのに、最も近いサーバと支払いプランを選択します。

バーチャルサーバを登録

バーチャルホスティングウィザードは、ブローカーに最も近いサーバーを自動的に選択します。ウィザードウィンドウには、現在の接続と比較したping(ネットワーク待ち時間)が表示されます。プラットフォームとブローカーのサーバーとの間のネットワーク待ち時間を短縮することで、スリッページやリクオートの可能性の減少などを通して取引操作の実行条件が改善されます。

適切なプランを選択して「次へ」をクリックします。サービスプラン条件は、ホスティング会社によって決定されます。

バーチャルホスティングウィザードは、ブローカーに最も近いサーバーを自動的に選択します。

  • サービスを無料で試用するためのテスト期間が設けられることもあります。
  • 選択したサービスプランはレンタル期間が終了した後で変更することができます。

取引プラットフォームの設定でMQL5アカウントが指定されていない場合は、バーチャルホスティングウィザードで追加するよう指示されます。バーチャルプラットフォームをレンタルするには、有効なMQL5.communityアカウントが必要です。お持ちでない場合はすぐにアカウントを登録できます。

MQL5アカウントを入力するまたは登録します。

「次へ」をクリックして、バーチャルホスティングをレンタルしようとしている取引アカウント、および定期購入料金といったすべてのデータをチェックします。

データの確認とレンタルホスティングの確認

続行するにはバーチャルホスティングサービス規約に同意するべきです。規約を慎重にお読みください。

レンタル期間の満了後に同じ支払いプランが更新されるようにしたい場合は、「支払額を満たす残金があり取引口座を継続利用中の場合、支払契約の自動更新に同意します」オプションを有効にします。更新はMQL5.communityアカウントにレンタル支払いに充分な資金があり レンタルサーバが実行されている時のみに可能です。

「次へ」をクリックすると、サーバレンタルプロセスが終了し、口座から適切な支払いが引き落とされます。お使いのアカウントの資金がサービスの支払いに充分でない場合は利用可能な支払いシステムを使用してバーチャルホスティング購読を支払うように求められます。

レンタルがユーザーによってキャンセルされた場合、払い戻しは行われません。

Completion of the server registration

プラットフォーム環境は直ちにバーチャルサーバに移行されることができます。必要な移行モードを選択して「移行する」をクリックします。プラットフォームはまだ用意されていない場合は、後で移行を実行するために「完了」をクリックします。

決済システムからの直接なホスティングへの支払い

MQL5.community口座にホスティングの支払いに十分な資金のない場合、必ずしもサイトにアクセスしてアカウントに入金する必要はありません。ホスティングの支払いは、決済システムを介して直接転送することができます。支払いプランを選択した後、「次へ」をクリックします。適切なシステムを選択し、支払いを転送します。

決済システムからの直接なホスティングへの支払い

バーチャルサーバレンタルの明確かつ統一された履歴を維持するために、必要な額が初めにMQL5.communityアカウントに転送され、そこから適切な支払いが行われます。

入金後は最終段階にリダイレクトされるので、すぐにプラットフォームを移行することができます。