MetaTrader 5のヘルプ

基本理念

基本理念

プラットフォームの取引機能の研究に進む前に、注文、約定、及びポジションといった基本的な用語を明確に理解しておく必要があります。

  • まず注文とはブローカーに出された金融製品の売買の指示です。注文の種類には、主に成行と未決の2種類があります。更に、特別な決済指値決済逆指値レベルがあります。
  • 約定とは有価証券の商業的な交換(売買)です。買いは買値(アスク)、売りは売値(ビッド)で行われます。約定は成行注文の実行または未決注文のトリガによって起こります。成行注文の実行は複数の約定につながることもあります。
  • ポジションとは取引の義務、つまり金融製品の買いまたは売りの契約です。ロングポジションとは、価格の上昇の期待によって買われた有価証券です。ショートポジションは、将来的な価格の下落を期待した有価証券を提供する義務です。

取引操作の一般的な枠組み

  • 指定されたパラメータとの約定を実行するために注文が取引プラットフォームからブローカーに送信されます。
  • サーバで注文の正しさ(価格等の正確性、口座資金の利用可能性)がチェックされます。
  • チェックに合格した注文は取引サーバ上で処理されるのを待ちます。その後注文は
  • 実行される(ディーラーによって実行モードのいずれかで)
  • 失効に伴って取り消しされる
  • 拒否される(資金不足、マーケットで適切なオファーがない、ディーラー拒否)
  • トレーダによって拒否される
  • 約定とは成行注文の実行または未決注文のトリガです。
  • 銘柄がポジションを持たない場合、約定の締結の結果としてポジションが開かれます。銘柄がポジションを持つ場合、約定はポジション数量を増減、ポジションを決済、または反転できます。

注文作成からブローカーによる実行までの取引操作の枠組み

ポジション会計システム

取引プラットフォームでは、ネッティングとヘッジの2つのポジション会計システムがサポートされています。使用されるシステムは口座によって違い、ブローカーによって設定されます。

ネッティングシステム

このシステムを使用すると、銘柄は同時に1つの共通ポジションのみを持つことができます。

  • 銘柄の既存ポジションと同じ方向に取引を実行すると、このポジションの数量が増加します。
  • 約定が逆方向に実行された場合、既存のポジションの数量が減少する、ポジションが決済される(取引量がポジション数量に等しい場合)または反転される(取引量がポジション数量より大きい場合)ことがあります。

成生注文の実行や未決注文 のトリガなど、何が 反対方向の約定を引き起こしたかは重要ではありません。

以下の例は、0.5ロットごとの2つのEURUSDの買い約定をを示しています。

2つの買い約定の実行は1つのネットポジションをもたらしました。

ヘッジシステム

このシステムを使用すると、銘柄は、反対方向のポジションを含む複数のポジションを持つことができます。

銘柄のポジションがあり、新たな約定を実行する(または未決注文がトリガする)と、新しいポジションがさらに開かれます。現在のポジションは変わりません。

以下の例は、0.5ロットごとの2つのEURUSDの買い約定をを示しています。

2つの買い約定の実行は2つのトレーディングポジションをもたらしました。

選択されたシステムの影響

ポジション会計システムによって、プラットフォーム機能のいくつかは、異なる挙動を有することがあります。

  • 決済逆指値及び決済指値の継承ルールが変わります。
  • ネッティングシステムでのポジション決済では、同じ銘柄と数量で反対方向の取引操作が行われるべきです。ヘッジシステムでのポジション決済には、ポジションのコンテキストメニューで明示的に「ポジション決済」コマンドを選択します。
  • ヘッジシステムではポジションは反転することはできません。この場合、現在ポジションが決済され、残りの数量を持つ新しいポジションが開かれます。
  • ヘッジシステムでは、ヘッジ対象証拠金という、新しい証拠金計算の条件が使用可能です。

注文の種類

取引プラットフォームは取引操作実行のリクエストを用意してブローカーに送信します。また、プラットフォームはポジションを制御して管理することができます。取引注文の何種類かは、これらの目的のために使用されます。注文とはトレーダがブローカーに出す取引操作実行の指示です。プラットフォームでは、注文は主に成行と未決の2種類にわかれます。更に、特殊な決済逆指値及び決済指値注文があります。

成行注文

成行注文はブローカーに出された金融製品の売買の指示です。この注文の実行は約定の実行につながります。約定価格は銘柄の種類に依存する実行の種類によって決定します。一般的に、株の買いは買値(アスク)、売りは売値(ビッド)で行われます。

未決注文

未決注文とは株を将来に事前定義された条件で売買するためにブローカーに出された指示です。未決注文には下記の種類があります。

  • 指値買い — 注文で指定された価格以下の買値(アスク)での買いの取引リクエスト。現在の価格は注文で指定された価格より高いです。通常、この注文は、株価が一定水準に下落した後に上昇することを予想して出されます。
  • 逆指値買い — 注文で指定された価格以上の買値(アスク)での買いの取引リクエスト。現在の価格は注文で指定された価格より低いです。通常、この注文は、株価が一定水準に達した後に上昇を続けることを予想して出されます。
  • 指値売り — 注文で指定された価格以上の売値(ビッド)での売りの取引リクエスト。現在の価格は注文で指定された価格より低いです。通常、この注文は、株価が一定水準に上昇した後に下落することを予想して出されます。
  • 逆指値売り — 注文で指定された価格以下の売値(ビッド)での売りの取引リクエスト。現在の価格は注文で指定された価格より高いです。通常、この注文は、株価が一定水準に下落した後に下落を続けることを予想して出されます。
  • ストップリミット買い — 逆指値注文であって指値買い注文を出すこのタイプは、最初の2つのタイプを組み合わせたものです。買値(アスク)が注文 (価格フィールド)に示されている逆指値レベルに達すると、Stop Limit price フィールドで指定された値段で買い指値注文が出されます。逆指値レベルは現在の買値(アスク)を超えて設定され、ストップリミット価格は逆指値レベル未満で設定されます。
  • ストップリミット売り —逆指値注文であって指値売り注文を出します。売値(ビッド)が注文 (価格フィールド)に示されている逆指値レベルに達すると、Stop Limit price フィールドで指定された値段で売り指値注文が出されます。逆指値レベルは現在の売値(ビッド)未満で設定され、ストップリミット価格は逆指値レベルを超えて設定されます。
  • 取引所株式、為替先物と先物Fortsを持つ銘柄の計算モードでは、全ての種類の未決注文は、取引が行われる交換の規則に従ってトリガされます。通常、最終価格(最後に行われたトランザクションの価格)が適用されます。言葉を変えると、注文は直近価格が注文で指定されて価格になるとトリガされます。しかし、注文のアクティベーションよる売買は、常にビッド及びアスク値で行われることにご注意下さい。
  • 「エクスチェンジ実行」モードでは、指値注文を出す時に指定される価格は検証されません。これは、(買い指値注文の場合)現在の買値(アスク)を超えるか(売り指値注文の場合)売値(ビッド)未満で指定することができます。このような価格で注文を出すと、それはほとんど即座にトリガされ、成行注文になります。しかし、トレーダが非指定の現在の市場価格で取引を行うことに同意する成行注文とは違って、未決注文は指定されたものよりも悪くない価格で実行されます。
  • 未決注文のアクティベーション中に対応する市場操作が実行できない場合(たとえば、口座の余剰証拠金が不十分)、未決注文はキャンセルされて「拒否」ステータスで履歴に移動されます。

未決注文の種類

現在の銘柄の状況

— 現在の銘柄の状況

予想

— 予想

現在価格

— 現在価格

注文価格

— 注文価格

未決注文のトリガ価格

— 未決注文のトリガ価格

予想される上昇

— 予想される上昇

予想される下落

— 予想される下落

指値注文

指値注文は、株価が一定のレベルに達したときに利益を獲得するためのものです。この注文の実行は、ポジションの完全決済につながります。それは、常にポジションまたは未決注文に連結されています。注文は、成行または未決注文と一緒のみにリクエストすることができます。このロングポジションのための注文条件は、(注文は常に現在の買値より上に設定されている)買値を使用してチェックされ、売値は(注文は常に現在の売値より以下に設定されている)ショートポジションのために使用されます。

逆指値注文

この注文は、株値が間違った方向に移動した場合の損失を最小化するために使用されます。株値がこのレベルに達すると、ポジションが自動的に決済されます。それは、常にポジションまたは未決注文に連結されています。注文は、成行または未決注文と一緒のみにリクエストすることができます。このロングポジションのための注文条件は、(注文は常に現在の買値より上に設定されている)買値を使用してチェックされ、売値は(注文は常に現在の売値より以下に設定されている)ショートポジションのために使用されます。

テイクプロフィットやストップロスのアクティベーション中に対応する市場操作が実行できない場合(たとえば、取引所による拒否)、注文は削除されずにアクティベーション条件に対応して次のティックで再びトリガされます。

決済逆指及び決済指継承の規則(ネッティング):

  • ポジション数量が増加したりポジションが逆転されると、決済逆指及び決済指注文がその最新注文(成行またはトリガされた未決注文)に従って出されます。つまり、同じポジションの各後続の注文の逆指値レベルが以前のものから変わります。注文にゼロ値が指定されている場合は、ポジションの決済逆指及び決済指値は削除されます。
  • ポジションが部分的に決済された場合、決済逆指及び決済指値は変わりません。
  • ポジションが完全に決済された場合、それに関連付けられていて独自に存在できないため決済逆指及び決済指値は削除されます。
  • ポジションが存在する銘柄の取引操作が実行された場合、ポジションの現在の決済逆指及び決済指は自動的に注文ウィンドウに挿入されます。これは、現在の逆指値注文の誤操作による削除を防止することを目的とします。
  • ポジションを持つ銘柄のワンクリック取引操作(チャートパネル気配値表示 )では、現在の決済逆指及び決済指は変更されません。
  • OTC 市場(外国為替、CFD、先物)では、ポジションが次の取引日に移動された場合(スワップ、再度のオープンに寄ったものを含む)、決済逆指及び決済指は変更されません。
  • 為替市場では、ポジションが次の取引日に移動した場合(スワップ)、また別のアカウントに移動された場合や決済中に決済逆指及び決済指は初期化されます。

決済逆指及び決済指継承の規則(ヘッジ):

  • ポジションが部分的に決済された場合、決済逆指及び決済指値は変わりません。
  • ポジションが完全に決済された場合、それに関連付けられていて独自に存在できないため決済逆指及び決済指値は削除されます。
  • t0>ワンクリック取引操作(チャートのパネルまたは板情報)では、決済逆指及び決済指は設定されません。

これらのルールは手動の取引にもエキスパートアドバイザー(MQL5プログラム)からの注文にも当てはまります。

  • トレール注文は決済逆指値が自動的に価格とともに変動させるのに使用されます。
  • 決済逆指及び決済指のアクティベーションはポジションの完全な決済につながります。
  • 取引所株式、為替先物と先物Fortsを持つ銘柄の計算モードでは、逆指値注文と指値注文は、取引が行われる交換の規則に従ってトリガされます。通常、最終価格(最後に行われたトランザクションの価格)が適用されます。言葉を変えると、逆指値注文は直近価格が注文で指定されて価格になるとトリガされます。しかし、逆指値注文のアクティベーションよる売買は、常にビッド及びアスク値で行われることにご注意下さい。

トレール注文

決済逆指値は、株値が間違った方向に移動した場合の損失を最小化するために使用されます。ポジションが有益になると、ストップロスが手動で損益分岐レベルに移動することができます。トレール注文はこの過程を自動化します。このツールは、指向性の強い価格変動の際や、何らかの理由で継続的に市場を監視が不可能な場合に有用です。

トレール注文は常にポジション未決注文と関連づけられます。それはストップロスと違い、サーバ上でなく取引プラットフォームで実行されます。トレール注文の設定には、ポジションコンテクストメニューで「トレール注文」を選択するか「取引」タブで同じことをします。

トレール注文を有効にするには、ポジションのコンテクストメニューを開いて値を指定します。

ストップロスのレベルと現在の価格との間の距離の必要な値を選択します。

トレール注文は、ポジションや未決注文ごとに1つだけ設定できます。

トレール注文操作の枠組み

  • 新しい相場が出現すると、プラットフォームはポジションが有益かどうかをチェックします。
  • ポイントでの利益が示したレベル以上になると、現在の価格から指示された距離でストップロスを配置する自動コマンドが生成されます。
  • 価格が移動してポジションの利益が増える場合は、「ストップロス」は自動的に価格と共に移動します。
  • 他の場合、注文は変更されません。このように、取引ポジションの利益が自動的に固定されています。
  • ポジションにストップロスが設定されている場合、それはポジション利益が増加した場合は価格とともに移動し、減少した場合には変化しません。
  • 未決注文がトリガされると、同じ銘柄の現在のポジションのトレール注文が注文に指定されたトレール注文で置き換えられます。
  • 未決注文の結果として実行された約定が銘柄の現在ポジションと逆方向で、数量がそれ以下の場合、トレール注文は置き換えられません。

ストップロスが自動に変更するたびに操作ログにエントリーが追加されます。

トレール注文を無効にするには「なしなし」パラメータをコントロールメニューで設定します。「全てを削除全てを削除」 コマンドはポジションと未決注文のトレール注文をすべて無効にします。

  • 決済指や決済逆指と違い、トレール注文がサーバ上でなく取引プラットフォームで実行されます。よって、プラットフォームがオフの状態では、トーレール注文はできません。この場合、トレール注文で設定された決済指のみがトリガされます。
  • トレール注文は各ポジションで10秒ごと以上は発生できません。
  • トレーリングストップで複数のポジションが1つのシンボルに対してある場合、最新のトレーリングストップのオーダーだけが処理されます。

注文の状況

注文が形成されて取引サーバに送信された後、次の段階が取られます。

  • Started(開始) — 注文の正当性がチェックされていますが、まだブローカによって受け入れられていません。
  • Placed(発注) — ディーラーが注文を受け付けます。
  • Partially filled(部分的に充填) — 注文が部分的に充填されます。
  • Filled(充填) — 注文が完全に充填されます。
  • Canceled(取消) — クライエントが注文をキャンセルします。
  • Rejected(拒否) — ディーラーが注文を拒否します。
  • Expired(失効) — 注文が失効になって取り消しされます。

注文の状況は「履歴」タブの状況フィールドで見られます。トリガされていない未決注文の状況は「取引」タブで見ることができます。

注文状況は現在の注文プロセスステップを表示します。

 

実行の種類

取引プラットフォームでは4つの注文執行モードが用意されています。

  • 即時実行
    このモードでは、注文がブローカーに提示された価格で実行されます。実行するために送信する場合、プラットフォームは自動的に注文に現在の価格を追加します。ブローカーが受け入れれば、注文が実行されます。ブローカーが価格を受け入れない場合、「リクオート」が送信されます。つまり、ブローカーが受け入れ可能な価格を返します。
  • 実行リクエスト
    このモードでは、成行注文が以前にブローカーから受け取られた価格で実行されます。注文が送信される前に、特定の銘柄の価格は、ブローカーからリクエストされます。価格が受信された後、与えられた価格での注文実行が確認または拒否されます。
  • 成行実行
    この執行モードでは、ブローカーはトレーダと更に話し合うことをせずに注文実行価格を決定します。そのようなモードで注文を送信することは、この価格での実行に事前同意することを意味します。
  • エクスチェンジ実行
    このモードでは、取引プラットフォームで実行された取引操作が外部の取引システム(エクスチェンジ)に送られます。取引操作は現在の市場のオファーの価格で実行されます。

各株の執行モードはブローカーによって指定されます。

約定ポリシー

ブローカーによって設定された注文実行の共通のルールに加えて、トレーダは「約定ポリシー」の追加条件を示すことができます。

  • FOK(Fill or Kill)
    この約定ポリシーは注文が指定された数量のみで充填できることを意味します。金融製品の必要量が市場で現在利用できない場合、注文は実行されません。必要な数量は、市場で現時点で利用可能な複数のオファーによって充填することができます。
  • 即時またはキャンセル(IOC)
    この場合、トレーダは注文に示されたもの中、市場で最大限に利用可能な量で約定を実行することに同意します。注文が完全に充填することができない場合は、注文の利用可能な数量が充填されると、残りの数量はキャンセルされます。IOC 注文を使用する可能性が取引サーバで決定されます。
  • リターン
    リターン - このポリシーは、成り行き注文(売買)、リミット注文およびストップリミット注文にのみ使用されます。部分的に決済された注文は取り消されず、さらに処理されます。リターンポリシーは、成り行き注文では「エクスチェンジ実行」モードのみで使用され、リミット注文およびストップリミット注文では「マーケット実行」および「エクスチェンジ実行」モードで適用されます。

実行の種類に応じた約定ポリシーの使用は、以下の表のように示すことができます。

実行/約定ポリシー

フィル・オア・キル

即時またはキャンセル

リターン

即時実行

+

リクエスト実行

+

マーケット実行

+

+

+

エクスチェンジ実行

+

+

+