MetaEditorヘルプ

スクリプトの作成

スクリプトの作成

テンプレートは、スクリプトの基本的なソースコードです。 標準のプログラムヘッダ、一般プロパティ、および起動イベントハンドラのワークピース (OnStart) が含まれます。 テンプレートは、プログラムの種類 (MQL5/スクリプト) (または MQL4/スクリプト) に対応するディレクトリに作成されます。 テンプレートを作成するときは、事前にプログラムインプットを定義できます。

スクリプトの作成

次のフィールドに入力します。

  • 名前—スクリプト名。 同じ名前がスクリプトファイルに割り当てられます。 ここでは、デスティネーション・ファイルへのパスを変更することもできます。 たとえば、新しい Scripts サブディレクトリに作成します。
  • 著者—作成者名。
  • リンク-開発者の電子メールアドレスまたは web サイト。
  • パラメータ—スクリプトインプットパラメータ (外部変数) のセット。

パラメータを作成するには、追加をクリックし、次の3つのフィールドに入力します。

  • 名前—インプット変数名
  • Type—リストから選択されたエントリー変数のタイプ。
  • 初期値—変数の初期値。 プログラムの起動前や操作中に変更することができます。

完了をクリックしてテンプレートの作成を完了します。 生成されたファイルは、すぐに開かれます。