MetaEditorヘルプ

起動

MetaEditorの起動

トレーディングプラットフォームのインストール時に、MetaEditorのショートカットが [スタート] メニューとデスクトップに表示されます。 また、プラットフォームのインストールディレクトリでMetaEditorファイルを使用してエディタを起動することもできます。

トレーディングプラットフォームのナビゲータで実行可能プログラムを選択し、Enter キーを押すかクリックしても可能です。変更コンテキストメニューの変更は、MetaEditorが起動され、このプログラムのソースコードが一度に (存在する場合) が開かれます。

メイン起動モード

MS Windows Vista 以降では、プログラムファイルにインストールされたアプリケーションは、デフォルトでインストールフォルダにデータを格納することはできません。 全てのデータは、別々のWindowsユーザーディレクトリに格納する必要があります。

したがって、MetaEditor(トレーディングプラットフォーム) がプログラムファイルディレクトリにインストールされ、そのディレクトリに書き込むユーザー権限が制限されている場合は、メインモードで実行されます。 メインモードは、以下の状況でも使用されます。

  • UAC(ユーザーアクティビティコントロール)システムが有効である場合
  • コンピュータへのリモート接続(RDP、リモートデスクトッププロトコル)が使用されている場合

このモードでは、編集可能なファイルは特定の Windows ユーザーディレクトリに格納され、変更できないファイルはプログラムファイルに格納されます。 MetaEditor実行可能ファイルも不変ですが、MQL4/MQL5ディレクトリ内のすべてのファイル(トレーディングロボット、インディケータ、スクリプト、プログラミング用のソースファイル)、およびMetaEditorログが編集可能です。

プラットフォームの全ての編集可能なファイルは、(使用するオペレーティングシステムに応じて)次のディレクトリに格納されています。

Microsoft Windows XP SP3:

  • C:\Documents and Settings\username\Application Data\MetaQuotes\Terminal\instance_id\

Microsoft Windows Vista以上:

  • C:\User\UserName\AppData\Roaming\MetaQuotes\Terminal\instance_id\

ここで、「C」は Windows がインストールされているロジカルディスクの文字、「ユーザ名」はプラットフォームがインストールされているオペレーティングシステム内のアカウントで、「instance_id」は、プラットフォームがインストールされているディレクトリへのパスに基づいて生成された一意の識別子です。

フォルダにすばやくアクセスできるようにするには、データフォルダを開く。ファイルメニューにある[Open Data Folder]コマンドです。 各データフォルダには、特別なテキストファイル origin.txt があります。このファイルには、このデータディレクトリを使うプラットフォームのインストールフォルダのパスがあります。

メインモードでは、編集可能なファイルが保存されているカタログは、各 Windows アカウントごとに異なります。

ポータブルモード

プログラムファイルにインストールされている場合、プラットフォームとMetaEditorは、デフォルトで前述のメインモードで動作します。 すべてのデータは、Windows ユーザーディレクトリに格納されます。 ただし、プラットフォームとMetaEditorを強制的にインストールフォルダーにデータを格納することができます。 そのためには、プラットフォームをポータブルモードで実行します。このモードを使用するには、追加の/portable キーでコマンドラインからMetaEditorを起動します。 例, "С:\Program Files\MyTerminal\MetaEditor.exe /portable".

ターミナルをポータブルモードで実行するには、次の条件を満たしている必要があります。

  • プラットフォームがプログラムファイルフォルダにインストールされている場合、ユーザーはコンピュータの管理者権限を持っている必要があります。 さらに、オペレーティングシステムでは UAC (ユーザーアカウント制御) を無効にする必要があります。
  • プラットフォームが他のフォルダにインストールされている場合、ユーザーはそのフォルダにデータを書き込む権限を持っている必要があります。

platform/MetaEditorが以前にメインモードで動作していた場合、ポータブルモードで起動した後、ユーザーディレクトリからのファイルはインストールに転送されません。 新しいデータのみがインストールディレクトリに保存されます。

MetaEditorが正しくないモードで起動すると、ナビゲータウィンドウにファイルが存在しない可能性があります 通常モードで起動すると、実行可能ファイルが格納されているフォルダからデータがリクエストされ、ゲストモードではユーザーのシステムフォルダからリクエストされます。