MetaEditorヘルプ

ストレージの活用

MQL5ストレージ (またはリポジトリ) は、トレードプラットフォームの MQL5(または MQL4) フォルダと、特別な共有プロジェクトディレクトリに対してのみ使用されます。これは、グループプロジェクトに使われます。.

MQL5ストレージのすべての操作は、ナビゲータウィンドウ及び、コンテキストメニューのソースコードエディタのコンテキストメニューから実行されます。:

MQL5ストレージメニュー

メニューコマンドを使用すると、MQL5ストレージで以下のアクションを実行できます。

  • 受信ストレージからのデータ。
  • 実行ストレージへ;
  • 追加ストレージへのファイル/フォルダ;
  • 削除ストレージからのファイル/フォルダ;
  • キャンセルデータのローカルコピーの現在の変更;
  • 表示ログストレージ内のデータ変更
  • 変更の表示ファイルのタスクコピー。

プラットフォーム入門

ストレージには、ファイルのツリーとしての情報が含まれます。 ストレージに接続すると、MetaEditorユーザーはファイルを読み書きできます。 ユーザーは常にデータのローカルコピーを使用し、必要に応じてストレージに変更を送信できます。

MQL5ストレージ内のデータの操作を開始するには、リポジトリ内の適切なフォルダにローカルデータフォルダを関連付ける必要があります。

  • リポジトリの作成がある場合、空です。 ディレクトリを追加する必要があります。 その後、リポジトリ内の指定されたディレクトリに対して適切なディレクトリが作成されます (/MQL5フォルダを基準とした同じパスにあります)。 これがルートディレクトリです。 ファイルを含むすべての操作は、このディレクトリで実行されます。,
  • ストレージに既にデータがある場合は、ローカルディレクトリにダウンロードします。 これを実行するには、クリックします。ストレージからの更新ナビゲータのルート MQL5(または MQL4) 要素のコンテキストメニューで、「ストレージからファイルを更新する」を選択します。

バージョン対応のデータストレージ

バージョン管理はリポジトリに関連付けられたディレクトリ/ファイルに対して実装されるため、このようなディレクトリ/ファイルにはバージョン、すなわちリビジョン番号があります。 リビジョン番号は、各データ更新に対応しています。 リポジトリ内のディレクトリ/ファイルを更新するたびに、このディレクトリ/ファイルとルートディレクトリ全体のリビジョン番号がインクリメントされます。 リビジョンは、ある時点でのディレクトリ/ファイルの状態です。

ルートディレクトリは、各共有プロジェクトの MQL5/MQL4フォルダとフォルダです。 リビジョンは各ルートディレクトリごとに個別に管理されるため、個別のリビジョン番号があります。 MQL5ディレクトリに加えられた変更を実行すると、そのリビジョン番号が増加し、プロジェクトのリビジョン番号は変更されません (プロジェクトが MQL5ディレクトリから共有ファイルを使用しない限り)。

一般的な操作スキーム:

  • MQL5ストレージにファイルを追加したり、ストレージからローカル PC に抽出したりすると、コンピュータとストレージ内のバージョン (リビジョン番号) が一致します。
  • ローカルファイルのリビジョン番号 (タスクコピー) と、ストレージ内の適切なファイルは、最初は等しくなります。 ファイルを追加したり、リポジトリから抽出した場合に差が発生します。
  • ファイルを変更してリポジトリに変更を実行すると、リビジョン番号はローカルとリポジトリの両方で増加します。
  • 変更を送信すると、ファイルが既に誰かによって編集されており、リポジトリ内のリビジョン番号がローカルのものよりも大きいことが判明することがあります。 この場合、独自の変更を送信する前に、リポジトリから変更を抽出する必要があります。 MQL5ストレージは、リポジトリとローカルファイルの変更をマージします。 この場合、ローカルファイルのリビジョン番号は、リポジトリ内のファイルのリビジョン番号と等しく設定されます。

変更の各トランザクションがストレージジャーナルに記録されます。後でユーザーがいつ、誰とどのファイルを変更しかを表示できます。 また、ユーザーは、ローカルデータのコピーを選択したリビジョンに更新したり、選択したリビジョンに変更を元に戻すこともできます。

ストレージへの追加

フォルダまたはファイルをリポジトリに追加するには、選択します。ファイルまたはフォルダの追加ファイルまたはフォルダコマンドを追加します。 追加するフォルダとファイルの一覧を示すダイアログボックスが表示されます。

  • ファイルはローカルに追加されます。 リポジトリに変更を送信するには、ストレージへの実行ストレージに実行します。
  • MQL5ストレージは、mq4、mq5、mqh、cpp、h、bmp、wav、ex4、ex5、tpl、および set ファイルのみで動作します。 他の種類のファイルをリポジトリに追加することはできません。
  • 64 MB を超えるファイルをストレージに追加することはできません。

ストレージへのフォルダの追加

必要なファイルとフォルダをチェックし、[OK] をクリックします。

  • ストレージ操作の原則によって、フォルダが配置されていないファイルを追加することはできません。 リポジトリに追加されていないフォルダにあるファイルを追加することはできません。
  • ルートディレクトリ/MQL4または/MQL5. に個々のファイルを追加することはできません。
  • リポジトリに関連付けられたフォルダでは、その子ディレクトリのみを追加できます。 階層内の下位にあるフォルダは、親フォルダなしでは追加できません。

追加されたファイルとフォルダのマークストレージに追加:

追加されたファイルとフォルダ

次に、変更をリポジトリに送信する必要があります。 追加されたフォルダ/ファイルを選択し、実行ストレージへの実行 ストレージへの実行.

ストレージへの実行

このダイアログでは、リポジトリに送信する変更を選択することもできます。 変更を実行するときにコメントを追加できます。 詳細なコメントは、将来の変化の分析を容易にします。

リポジトリ内の現在の変更を実行した後、対応するフォルダとファイルに変更なしの利用をお勧めします。これは、データのローカルコピーは最後のアップデートの実行時にストレージにあるものと変わらないということを意味します。

  • 追加したフォルダーに対応するフォルダが既に格納されている場合、エラー "Folder already exists, update it from storage"(フォルダは既に存在し、ストレージから更新してください) が表示されます。 このようなフォルダを選択ストレージからの更新ストレージから更新します。 その後、ストレージにバインドされ、リポジトリからのデータが追加されます。 次に、変更をリポジトリに送信します。ストレージへの実行ストレージコマンドに実行します。
  • ファイルサイズが 1 MB を超える場合、選択は実行ダイアログで自動的に削除されます。 ストレージ・システムのオーバーロードを避けるために、大きなファイルを注意してダウンロードします。

MQL5ストレージからのチェックアウトと更新

プライマリデータの抽出は、MetaEditorでストレージがアクティベートされます。 一度実行すると、MQL5ストレージの有効化 MQL5ストレージコマンドを有効にすると、MetaEditorはストレージにデータが含まれているかどうかをチェックします。

  • ストレージに MQL5(MQL4) ディレクトリからのデータが含まれている場合、データは即座にコンピュータにダウンロードされます。
  • 記憶域に利用可能な共有プロジェクトがある場合、プロジェクトは [共有プロジェクト] セクションに表示されます。 プロジェクトファイルをローカルコンピュータにダウンロードするには、ストレージからの更新プロジェクトのコンテキストメニューでストレージから更新します。

ストレージからさらに更新を受信できます。ストレージからの更新ナビゲータ内のファイルとフォルダのコンテキストメニューで、[ストレージから更新] コマンドを実行します。

ローカルのタスクコピーに存在しないフォルダが格納されている場合は、[ナビゲータ] ウィンドウの MQL5(または MQL4) ルート要素のストレージから更新を実行します。 ストレージからのすべてのデータは、対応するローカルフォルダにダウンロードされます。 データのリビジョン番号は、ストレージ内のデータのリビジョンと一致します。

データの更新

ローカルフォルダにデータが含まれている場合は、リポジトリから取得したチェックアウトデータが追加されます。 新しいファイルが追加されます。 名前とパスが一致するファイルの場合は、データの結合を試みます。

リビジョンへの更新

MQL5ストレージは、ユーザーが実行した変更履歴全体をストレージに保存します。 変更の各実行は、新しいリビジョン (特定の時点でのストレージの状態) です。 ストレージを介してデータを複数のユーザーの並列タスク中に、定期的に他のユーザーによって行われた変更を受け取る必要があります。 リビジョンへの更新[リビジョンに更新] を使用すると、リポジトリからのデータのローカルコピーを徐々に更新できます。

たとえば、データのローカルコピーの最後の更新以降、3つの新しいリビジョンがストレージに発生しました。 最初のリビジョンにアップグレードしてから、2番目と3番目のバージョンに更新することができます。

特定のリビジョンに更新するには、すストレージログをクリックしてファイルまたはフォルダを選択して呼び出します。ストレージ・ログの表示ストレージログを表示します。

リビジョンへの更新

開いたウィンドウで、必要なリビジョンを選択し、リビジョンへの更新リビジョンコマンドに更新します。

  • データのローカルコピーは、より高い (最新の) リビジョンにのみ更新できます。
  • リポジトリから取得したデータは、ローカルコピーに追加されます。 名前とパスが一致するファイルの場合は、データの結合を試みます。 ファイルがリビジョンに追加されている場合、ローカルコピーに追加されます。 ファイルがリビジョンから削除されている場合、ローカルコピーから削除されます。

リビジョンに戻す

MQL5ストレージは、ユーザーが実行した変更履歴全体をストレージに保存します。 変更の各実行は、新しいリビジョン (特定の時点でのストレージの状態) です。 いつでも、ファイルまたはフォルダの以前の状態のいずれかに戻ることができます。

特定のリビジョンに戻すには、ファイルまたはフォルダを選択してストレージログを呼び出します。ストレージ・ログの表示ストレージログを表示します。

リビジョンに戻す

開いたウィンドウで、必要なリビジョンを選択し、このリビジョンに戻すこのリビジョンに戻します。

リビジョンに戻すと、選択したファイル/フォルダは、指定した状態に完全に戻ります。 以前のバージョンと後のリビジョンの両方に戻すことができます。

ストレージへの変更の実行

既に説明したように、ローカルコピーでのみデータを操作できます。 ローカルの変更をリポジトリに転送するには、ストレージへの実行ストレージコマンドに実行します。 変更されたローカルファイルとフォルダは、アイコンでマークされます。変更済みの利用をお勧めします。

変更を実行する前に、表示ファイルを選択して選択するバージョンの差コンテキストメニューのバージョンの差。

ストレージへの実行

実行ダイアログでは、リポジトリに実行する必要がある変更されたファイルとフォルダを選択できます。 変更を実行するときにコメントを追加できます。 詳細なコメントは、将来の変化の分析を促進した。

  • ローカルの変更は、ストレージに追加される場合には、優先度が高くなります。
  • ストレージ内のリビジョン番号がローカルリビジョンよりも上 (別のソースから変更されており、ローカルデータがリポジトリから更新していない場合) は、変更を実行しようとしたときに "日付が切れています " のようなエラーが表示されます。 この場合、最初にストレージからの更新[ストレージコマンドからの更新]データの差し込みを選択しますストレージへの実行ストレージに実行します。
  • bmp および wav ファイルを更新するときは注意してください。 マージすると、ファイルは新しいリビジョンで完全に置き換えられます。 したがって、更新時には、リポジトリからファイルに置き換えられることがあります。 このような状況を回避するには、ファイルのコピーを個別に保存し、ストレージからの更新[ストレージから更新] コマンドは、ローカルリビジョンの数を増やすには、以前にコピーしたファイルを移動し、ストレージに変更を実行します。

削除

ファイルまたはフォルダを削除する場合は、コマンドを使用します。ファイルまたはフォルダを削除するファイルまたはフォルダを削除します。 フォルダ/ファイルは、データのローカルコピーから削除されます。 リポジトリからファイルまたはフォルダを削除するには、次のように変更を実行します。ストレージへの実行ストレージに実行します。

  • 標準によるファイルまたはフォルダの削除アンインストール削除コマンドのナビゲータウィンドウは MQL5ストレージに影響しません。 次の更新では、削除されたデータがストレージから復元されます。
  • ルートディレクトリストレージにリンクされているを削除できません。

変更を戻す

データの現在のローカルコピーで行われた変更を元に戻すには、変更を元に戻す必要なファイルまたはフォルダの [変更] コマンドを元に戻します。 ファイル/フォルダは、以前のリポジトリとの同期中にローカルに保存された状態に戻ります。

変更を元に戻すと、リポジトリ内の現在のリビジョンではなく、初期のローカルリビジョンが復元されます。

ストレージログ

を使用して、ストレージへの変更を実行します。ストレージへの実行[ストレージに実行] コマンドはログに保存されます。 ログは、プロジェクトの変更履歴を分析するのに役立ちます。 ファイル/フォルダの変更ログを表示するには、ストレージ・ログの表示ストレージログを表示します。

ログの表示

上の部分には、変更の一覧が表示されます。

  • リビジョン—実行の一意の番号。
  • 著者—変更を行ったユーザーの名前 (MQL5コミュニティアカウントのログインと同じ) 。
  • 日付— UTC 形式で変更が実行された日付。
  • コメント—変更へのコメント。

コンテキストメニューコマンドの使用リビジョンへの更新[リビジョンに更新] を選択すると、データのローカルコピーを選択したリビジョンに更新できます。.

ウィンドウの下部には、選択したリビジョンで変更されたファイルのリストが 表示されます。 アイコンには、変更の種類が表示されます。

  • 追加済み — file added;
  • 変更済み — file changed;
  • Deleted—ファイルが削除されました。

変更されたファイルの一覧のコンテキストメニューを使用すると、次のような変化を分析できます。