MetaEditorヘルプ

外部サブバージョンクライアント

外部サブバージョンクライアント

MQL5ストレージは、無料の中央バージョン管理システムSubversion1.7に基づいています。***の利用をお勧めします。MetaEditorからだけでなく、Subversion1.7をサポートする外部クライアント経由でも作業できます。***の利用をお勧めします。例えば、 Tortoise SVNです。の利用をお勧めします。

Subversion に関する詳細情報は、特別な書籍の利用をお勧めします。

Tortoise SVN を介してストレージに接続する例

最新バージョンのトータス SVN をインストールします。 以前に生成されたMQL5ストレージに接続するフォルダを作成します。 このフォルダは、ストレージと同期されます。 次に、フォルダのコンテキストメニューを開き、SVN のチェックアウトをクリックします。

SVN チェックアウト

ストレージアドレスを "リポジトリの URL " フィールドに入力します。

  • 個人用フォルダからデータを抽出する場合は、次の https://storage.mql5.io/repos/MQL5を選択します。ここで [ログイン] は、MQL5のアカウントのログインです。
  • 共有プロジェクトを抽出する場合: https://storage.mql5.io/repos/[プロジェクト名]、ここで [プロジェクト名] は、共有プロジェクトの名前です。

ОКをクリックします リポジトリへの接続が暗号化されている証明書の検証中にエラーが発生した場合は、証明書を恒久的に受け入れる (恒久的に証明書を受け入れる) ことに同意してください。 これは、Thawte 株式会社によって発行された信頼できる証明書です。

証明書を恒久的に受け入れてください。

次に、MQL5.communityアカウント のログインとパスワードを指定します。:

認証

認証が成功すると、データはリポジトリからローカルフォルダにダウンロードされます。 Tortoise SVN を介してリポジトリで作業することができます。