MetaEditorヘルプ

ファイル

このメニューは、プログラムのソースコードの関数を操作するためのコマンドを備えています: 開く, 閉じる, 保存, コンパイルと出力. このメニューでは、次のコマンドを使用できます。

 

コマンド

記述

新規

新規

MQL4/MQL5ウィザードを使用して新しいプログラムを作成する.

開く...

開く...

MetaEditorで編集するプログラムのソースコードを開きます。

 

閉じる

アクティブなプログラムコード編集ウィンドウを閉じます。

保存

保存

アクティブなウィンドウの変更を保存します。

 

名前を付けて保存...

アクティブなウィンドウのプログラムコードを新しい名前で保存します。

 

Unicode として保存.

アクティブなウィンドウのプログラムコードを Unicode ファイルに保存します。

すべて保存

すべて保存

開いているすべてのウィンドウの変更を保存します。

コンパイルします。

コンパイルします。

コンパイル現在アクティブなウィンドウで開かれているプログラムのコードをコンパイル。

開いているファイルのコンパイル

開いているファイルのコンパイル

コンパイル現在編集用に開いているすべてのファイルをコンパイル。

コンパイルのキャンセル

コンパイルのキャンセル

コンパイルをキャンセルします。

データフォルダを開く。

データフォルダを開く。

Openトレードプラットフォームデータストレージディレクトリを開く。

共通データフォルダを開く

共通データフォルダを開く

PC 上のすべてのトレーディングプラットフォームの共通データが格納されているフォルダを開きます: System_disk: ProgramDataMetaQuotesTerminalCommon

 

Print設定

Print設定の一般的な設定-プリンタ、用紙サイズ、ページの向きなどを選択します。

Printプレビュー

Printプレビュー

Printする前にページを確認します (たとえば、すべてのデータをPrintするかどうかなど)。 選択したプリンタの設定がプレビューに使用されます。

Print...

Print...

現在のウィンドウにコードをPrintします。

 

終了

MetaEditorを閉じます。