MetaEditorヘルプ

編集

このメニューには、プログラムのソースコードを操作するためのコマンドがあります。 ここには下記のコマンドがあります。

 

コマンド

記述

取り消し

取り消し

直前の操作を元に戻す。

やり直し

やり直し

最後に取り消したアクションをやり直す。

カット

カット

選択したソースコードフラグメントを他の場所に貼り付けるために切り取ります。

コピー

コピー

選択したソースコードフラグメントをクリップボードにコピーします。

貼り付け

貼り付け

コピーまたは切り取りソースコードフラグメントを指定した場所に貼り付けます。

クリップボード

クリップボード

クリップボードを開きます。 MetaEditorは、クリップボードにコピーされた最大30のエントリを保存します。 これを開くと、選択した1つをコードに貼り付けることができ、格納されたエントリの一覧が開きます。

アンインストール

アンインストール

選択したソースコードフラグメントを削除します。

すべて選択

すべて選択

アクティブウィンドウ内のすべてのソースコードを選択します。

 

貼り付け

クイックメニューを開くリソースの挿入.

 

変換

サブメニューを開くテキストの変換を別の形式にします。

 

ブックマーク

操作するサブメニューを開くブックマーク ブックマークは、プログラムのソースコード内の行を強調表示するために使用されます。

 

追加

ソースコードを操作するためのサブメニューを開く: 挿入コメント、挿入インデント, ケースの変更.

 

ストレージ

MQL5ストレージ.を操作するためのサブメニューを開きます。

名前一覧

名前一覧

関数名プログラムコードを記述する場合の可能なオプションの一覧を表示する。 名前のバリアントは、最初に入力された文字によって決まります。

パラメータに関する情報

パラメータに関する情報

現在の関数を表示するサイン. 言い換えれば、関数に設定されているパラメータの順番と型を示し、現在編集されているパラメータも強調表示します。

定義に移動

定義に移動

移動選択した関数または変数の宣言または定義に移動。

関数の一覧

関数の一覧

すべての関数の一覧現在のプログラムコードで宣言されています。