MetaEditorヘルプ

デバッグ

このメニューの目的はMQL4/MQL5プログラムのデバッグです。 次のコマンドがあります。

 

コマンド

記述

開始

リアルデータでのデバッグの開始/再開

起動デバッグリアルタイムで更新されるチャート上の現在のコード

履歴データの開始

履歴データの開始

起動履歴のデバッグ. プログラムチェックは、ストラテジーテスタのビジュアルテストモードで実行されます。 アプリケーションは、テスターのティックのエミュレートされたシーケンスを使用してチャート上で実行します。

一時停止

一時停止

プログラムのデバッグを一時ストップします。 デバッグを続行するには、[再開] をクリックします。

終了

終了

デバッグをストップします。

ステップ

ステップ

呼び出された関数にアクセスするプログラムの実行の1つのステップを移動します。

ステップオーバー

ステップオーバー

呼び出された関数にアクセスせずに、プログラムの実行の1つのステップを移動します。

ステップアウト

ステップアウト

より高いプログラムの単一のステップを実行します。

ブレークポイントを有効にする

ブレークポイントの切り替え

現在の行の現在の状態に応じてブレークポイントの有効/無効

すべてのブレークポイントのクリア

すべてのブレークポイントのクリア

現在デバッグされているプログラムからすべてのブレークポイントをクリアします。

実データのプロファイリングを開始する

実データのプロファイリングを開始する

リアルタイムで更新される通常のチャートの現在のコードのプロファイリング起動

ヒストリカルデータのプロファイリングを開始する

ヒストリカルデータのプロファイリングを開始する

ビジュアルモードのストラテジーテスターの現在のコードのプロファイリングの起動

プロファイリングのストップ

プロファイリングのストップ

プロファイリングをストップ